施術内容から記事を探す
症状や部位から探す

症状や部位から探すに関するコラム一覧

緊張性頭痛、日本人の4人に一人が悩んでいる

肩や首の筋肉が硬くなることによって脳へ栄養を運ぶ血管が圧迫され、また筋肉疲労により溜まった乳酸が神経を刺激するために引き起こされる頭痛です。緊張が原因のため、緊張性頭痛と呼ばれています。肩から首、背中の筋肉の凝り硬くなるのが直接の原因です。

詳細を見る

手首が痛い!育児・PCでの腱鞘炎の治療法とは?

手首をもんでもダメ!・・・腕の腕橈骨筋(手の甲側の太い筋肉)・長母指伸筋(腕橈骨筋の外の硬い筋肉)をほぐす。冷湿布をする。早く腱鞘炎を良くしたのであれば、きちんと治療を受けることを勧めます。但し電療をかけてマッサージをすような整骨院では効果は望めません。やよい堂整骨院は3分で他院が20分以上施術する以上の効果を出すことが可能です。

詳細を見る

ふくらはぎがつるのはなぜ?

これは体の歪みが原因で血液循環障害。やってはいけない事・・良く伸ばす人がいますが、これは肉離れに移行する事があるのでやめた方が良いです。最善策・・とにかく大きく息を吐く!これを繰り返してください。どんなつりかたでも5分もすれば元に戻ります。

詳細を見る

どれだけ休息しても、疲れが出てしまうのはなぜか?

毎日しっかりと睡眠時間を取っている、食事にも気をつけている、にも関わらず疲れが取れないことで悩んでいる方もいる。

あなたは本当に眠れていますか?ここでは特に熟睡度です。食事の栄養バランスは大丈夫ですか?ここでの栄養とはビタミンやミネラルのバランスです。

詳細を見る

肩こりの原因は筋肉だけではない!ビタミンEが関与!?

ビタミンEには、血液の成分となっている赤血球、または血管を柔らかく保ってくれる働きがあります。血液の循環がよくなり、血行が改善されるのは、実はビタミンEが大きく関与していたのです。

詳細を見る

急に背中がいたくなったら?

こんな心配していませんか?
・ぎっくり背中かな
・どこか内臓が悪いのかな
・どこに治療に行けばいいのかな
・骨がズレているかもしれない
・身体に疲れが溜まっているのかな

ほとんどの場合、背中の痛みの可能性の高いのは筋肉疲労です。

詳細を見る

寝違えたら肩甲骨まで痛い!なぜ?

朝起きて寝違えてしまったときの痛みはなかなか辛いものです。寝違えると首や肩が痛むのですが、背中、特に肩甲骨のあたりが痛むという方もいます。なぜ寝違えると肩甲骨が傷んでしまうのでしょうか。まずは寝違えるシステムについて考えてみましょう。

詳細を見る

ぎっくり腰となる要素は?意外と知らない季節との関係

実はこれは脳の誤作動です。腰を動かした時に拮抗筋の筋繊維の伸びが遅れ 収縮した筋肉の引く力が集中してかかり痛みを瞬時に発症。その後痛みの防衛反応として 筋繊維を動かないように周りの筋肉を収縮して固定させることで起きる現象です。

詳細を見る

歩く姿勢がきれいになればスタイルも改善する

腸腰筋を鍛えることで骨盤がまっすぐ立つ

腸腰筋が弱くなると、スウェイバック姿勢という猫背のような姿勢になったり、フラットバック姿勢という背骨のS字カーブが減少し背骨がまっすぐな姿勢になる。腸腰筋が衰えると姿勢がどんどん歪んでいくことになる

詳細を見る

天気痛と頭痛・肩こりは関係するのか?

今あなたが抱えている天気痛と頭痛は大いに関係あります。天気痛の方は頭痛を訴えますがそれは上部頚椎の歪みにより脳への伝達がスムーズにに行かないことで起こります。そしてそのことが肩こりを作り悪循環を生むのです。

詳細を見る