膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 急に膝の痛みが出てきた

  • 階段の昇降の時に痛くなる

  • 寝ているときに痛くなる

  • 膝関節の脱力感がある

  • 膝の内側・裏側が痛い

  • 長く座っていると痛くなる

膝痛で悩んでいるがどこへいけばいいの?

膝の痛みとは、主に膝関節の周辺が痛くなる症状です。

スポーツ等での外傷による靭帯損傷、打撲、捻挫、裂傷などは原因と症状が一致している膝の痛みです。

ただし、一般的に膝の痛みを訴える方の多くは、原因が思い当たらないが膝の痛みが出てきた、階段の昇降のときに痛くなる、膝の内側が痛い、膝の裏側が痛い、寝ているときに寝返りをするときに痛くなる等さまざまです。このような症状は原因と症状が違うところにあることが殆どです。

後者で膝の痛みを整形外科では薬・注射・筋トレなどのリハビリの指導。整骨院では膝に電療をかけてマッサージという治療を受けている方が多いです。

 

【動画】膝痛で足を引きずって来たのに触っただけで!?

 

【動画】何処に行っても治らなかった膝痛が5分後に・・・

 

長期に渡り施術をうけているのに膝の痛み、症状に変化がない、もうこれは治療方法が合っていないことが考えられます。

膝痛を治すためには大切なのは、まずは根本原因を探ることです。そして、それにあった適切な治療を行うことです。

 

整形外科に比べて、整骨院の治療技術は院によって格差があります。今までの整体や矯正ではなぜ結果が出ないのか?

 

施術方法は、あくまでも施術者が患者様と向き合って初めて考案するものです。そのため、確かな経験と知識を持った熟練の先生に出会うことが大事でしょう。

そしてそのような先生があなたと一緒になり、膝痛になった原因や改善方法を考えていける環境と関係というのが大切になります。

膝の痛みでお悩みの方へおすすめのメニュー Recommend Menu

膝の痛みの種類や原因は?

交通事故による脚や膝の症状

膝痛と言うと加齢による中高年の方が多いと思い浮かぶと思います。でも20~40代の方でも特に原因が思い当たらないのに膝の痛みがあって、悩んでいる方がいます。

一般的に多いのが変形性膝関節症です。これは加齢とともに膝の軟骨が弱く、ひざを支える筋肉が弱くなるためです。私たちは生きている限り歩かないわけにはいきません。歩いている限りは膝の軟骨に体重負荷がかかります。筋肉の収縮による圧迫の力も受けます。

40歳を過ぎたあたりからは、それまで都同じような仕事、生活、運動をしていることで痛みなどの症状が表れる事が増えてきます。そして、女性の場合は閉経による影響もあります。

次に一般的でない20~40代の方に特に原因も思い当たらない膝の痛みですが、これは膝関節の組織ではなく、ひざを動かす、大腿部の筋肉、下腿部の筋肉、また骨盤の歪み等によって膝関節に負担が積み重なる事で起きていると考えられます。なので、この場合は膝に電療、注射などを施しても良くないないわけです。

この膝の痛みに有効な方法は、膝の上下の筋肉の緊張、バランスをとり戻すことが大事です。

膝の痛みが出た時は、一人で悩まずに、お気軽に当院にご相談ください。

膝関節の構造

膝は人間の体のなかでも、最も複雑で不安定な構造を持っています。動きの中では支点として機能するため、負担がかかりやすく損傷が起こりがちな部位です。
*
上記の図のように、膝関節は十字靭帯、内外の側副靭帯、膝蓋靭帯でどんな人も支えられています。それと膝関節は屈曲するようになっていますが横に曲がるようにはなっていません。
でもほとんどの人は、つま先を外に向けて歩いています。つまり、進む方向が前方なのに、反ダルであるつま先が外に向かっていますのでねじれ現象が出るわけです。これでは当然、膝の内側に痛みが出る事になります。

自分で出来る膝痛を悪化させない予防法と対策

当院が腰痛の患者様に最適な理由

筋肉をつける事で膝関節の上下の軟骨の負担軽減につながります。太ももの筋肉(大腿四頭筋:だいたいしとうきん)の強化がが有効です。

おすすめしているのはスクワットです。大腿四頭筋だけでなく、下肢全体(下腿筋、殿筋等)の筋肉のトレーニングになります。

①足幅を肩幅より広めにとって立った状態から、両足を平行に、つま先を前に向けて姿勢よく立ちます。

②5秒ほどゆっくりと膝を曲げてしゃがみ、5秒かけてゆっくりと立ちます。この際に、腰を後ろに引いて前傾姿勢になり、膝がつま先よりも前に出ないようにします。手の位置はだら~と自然体で。

③この動きを10回を1セットを1週間くらい続けて筋肉痛が出なくなったら、次は15回を1~3セット。後は体力に応じて増やしていきましょう。

 

*

スクワットでも右記のポイントに気をつけていただくと痛みが起こりにくく、ヒザ周りの筋力効果につながります。

 

*

当院が膝の痛みの患者様に最適な理由

痛みの真の原因はどこにあるの?

 

膝の痛みの症状が出てると、整形外科ではヒアルロン酸を5回注射してみましょう!と言われて5回注射するが効果ない、という方が殆どです。

他の整骨院では腰の痛みへの対処療法、電療、マッサージ等の手技しか行っていないところや、ストレッチをして血流を良くするだけの施術をしているところも多くあります。

あなたは専門家にこの膝の痛みの原因や対策を教えてほしい、痛みをなんとかしてほしいという思いから整形外科や整骨院に行くと思いますが、これでは不安が残るでしょう。

本当に膝の痛みを改善したいのであれば、複合的に身体を検査していく的確なポイントを施術する必要があります。

最終的にはあなた自身が、なぜ膝が痛くなるのかを理解し、再発を防ぐ方法がわかるようになることがゴールです。

当院は膝の痛みを治すのではありません。あなたが膝の痛みを克服をするための『自然治癒力』をサポートするのが私たちの仕事です。

膝の痛みでお困りの方はぜひ、やよい堂整骨院へ治療に来てください。

膝の痛みが改善されたお客様の声

【お客様の声】歩くのがやっとだった左膝の痛みが・・・

【お客様の声】膝の痛みが1回の施術でとれた!

【お客様の声】出産後、膝の痛みが激痛・・・それがうそのように

【お客様の声】歩行だけでも痛かったのに・・・立山渓谷に行けた!

【お客様の声】膝の痛みがものの5分でほぼ無くなった

【お客様の声】足の指付け根に鉄板が落下。初診帰り道には・・・

【お客様の声】子供を預けて施術を受けれるので大変助かります

 

 

  関連コラム Column

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:やよい堂整骨院
住所〒164-0013 東京都中野区弥生町2丁目19-8
最寄:地下鉄丸ノ内線 中野新橋駅より 徒歩2分
駐車場:当院の近隣にコインパーキングがあります。
予約優先
8:30〜
12:30
8:30〜
14:00
-
15:00〜
20:00
- -

やよい堂公式SNSアカウント やよい堂では公式SNSアカウントを運用中!

やよい堂公式SNSアカウント やよい堂では公式SNSアカウントを運用中!

公式SNSをフォローするといいこと

  • 毎月お得なクーポン情報を発信しています
  • 新しいサービスなどのご案内をしています
  • キャンペーン情報などいち早く入手できます