トップページ > 最近の記事 > 坐骨神経痛の原因は?なりやすい人はどんな人?

坐骨神経痛の原因は?なりやすい人はどんな人?

坐骨神経痛とは、腰からお尻、足にかけて痛みやしびれといった症状があらわれることを言います。

坐骨神経痛という病名があるわけではありません。何らかの原因により坐骨神経のどこかで障害が起こることで起こる症状のことを指し、今回はその原因を詳しくご紹介したいと思います。

坐骨神経痛はこんな症状

坐骨神経痛には様々な症状があります。常にお尻に痛みやしびれがあり、座っていることが辛い。足が痛むことで少し歩くだけで精一杯、立っていると足が痛くて長時間立っていられない一方で、横になっていてもお尻や足の痛みで眠れないほど…。腰や体を動かすと足の痛みが強くなり、足だけでなく腰に痛みを感じることもあります。

身体をかがめることが辛く、靴下を履いたり、物を拾うことが難しいと感じる人も。痛みやピリピリとしたしびれ、じりじりとした不快感、だるさや冷感、焼けるような痛みなどその感じ方は異なることもあるようです。

治療法は症状に合わせて行います。理学療法としてはマッサージや運動を取り入れ、身体機能や代謝の機能を向上させ改善を目指します。医療機関で診てもらった場合は、薬物療法を用いることもあります。

痛み止め、血流を改善させる薬や筋肉の緊張を和らげ神経の痛みを押さえる薬が処方されます。これらの療法の効果があまりない場合は、脊髄に電極を埋めて脳に信号を与えて痛みを除く脊髄(脳)刺激療法や、別の部位に大きな障害がみられる場合は外科手術が検討されることもあります。

 

若い人と中高年だと原因となる疾患が異なる

若い人が坐骨神経痛になった場合、その多くは「腰椎椎間板ヘルニア」が原因です。
腰部は椎体(ついたい)という骨と、クッションの役割がある椎間板(ついかんばん)が交互に重なって構成されています。

椎間板には髄核(ずいかく)というゼリー状のものが含まれているのですが、何らかの原因でこの髄核が押し出されると、すぐそばにある脊柱管の中にある神経が圧迫されます。すると痛みやしびれが起こるのです。炎症による影響に加え、髄核による化学的刺激が重なることで強い痛みになるのが特徴です。

一方で中高年が坐骨神経痛になった場合、多くは「腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさく)」が原因です。背骨の隙間には脊柱管(せきちゅうかん)という神経が走る管があります。加齢によって脊柱管が細く狭くなり変形することで神経が圧迫。足などに痛みやしびれ、歩行障害を引き起こすのです。

上記の他に「梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)」によって坐骨神経痛になることもあります。お尻を横切る位置にある梨状筋という筋肉に坐骨神経は走っています。運動や事故などの外傷により圧迫されると痛みやしびれを引き起こします。

その他に脊椎や脊髄、骨盤内の癌でも同様の症状が出ることがあります。湿布や市販の痛み止めで我慢するのではなく、早めに医療機関で診てもらうことが大切です。

 

生活習慣の見直しが予防と改善につながる

坐骨神経痛を引き起こす背景は、普段の生活習慣が大きく影響しています。日頃姿勢が悪く腰に負担をかけていたり、運動不足で筋肉が凝り固まっていたり…、体の冷えも良くありません。更に太り過ぎの人は腰部に大きな負荷がかかっていることを知っておきましょう。

まずは正しい姿勢を保つように努力を。歩くときは背筋を伸ばして、座るときは体重を左右対称にかかるようにします。無意識に片足に体重をかけていたり足を組んだりしてしまう人は要注意。身体の歪みは背骨に少しずつ悪影響を及ぼします。

筋肉を適度に使い体重を増やさないためにも、ストレッチや体操を積極的に行うのがお勧めです。ただし腰や足に痛みがあるときは避けて。無理のない程度に身体を動かすだけでも、予防と症状改善が期待できるでしょう。またバランスの良い食事も大切です。冷え防止や肥満防止を意識し、偏りなく3食きちんと摂るように心がけます。

坐骨神経痛は神経に障害があり起こる症状ですので、人によっては症状が長引いたり歩行などが困難になるケースもあります。発症を抑えられるよう、また悪化を防ぐためにも生活習慣などを見直すと良いでしょう。

 

 

 

 

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ