トップページ > 夜 腰が痛い!就寝時の腰痛の原因はこれ! 3つの理由

夜 腰が痛い!就寝時の腰痛の原因はこれ! 3つの理由

 

早目の治療をおすすめします

腰痛は持病ではあるけれど、夕方から夜に特にひどい・・・という方や起きた時は良いが夜寝る際に腰が痛い・・・など

 

夜、就寝時の腰痛「緊張型の骨盤のユガミ」に悩んでいる働く女性が多くいらっしゃいます。

 

腰痛 女性

 

 夜・夕方に腰痛に悩まされている方は、一般の腰痛持ちの方とは違う原因で腰痛を引き起こしている可能性があります。

夜の腰痛をお持ちの方で普通の腰痛持ちの方と違う原因は以下のものが考えられます。

 

 ここをよく読み、自分に当てはまるか

チェックしてみてくださいね!!

  ①デスクワークで緊張

1日中同じ姿勢を続けていると、正しく坐っていることが辛くなり、知らないうちに姿勢が崩れてきます。

 

この姿勢の崩れが首・肩・背中の筋肉の緊張を作り、骨盤に過度の負担をかけて骨盤が反るように歪んでいきます。

 

なぜ座位が安定しないかというと、坐るとお腹の方の筋肉・背中の方の筋肉がゆるむからです。

 

そのゆるみが骨盤に負担をかけて骨盤のゆがみが大きくなっていき、腰痛が出てくる可能性は高いです。

 

 

また、長時間坐っていると腰回りの筋肉が硬くなって循環が悪い状態になります。

 

 

歩くことは全身の筋肉を使い循環を良くしてくれます。

 

 長時間の座位から立ち上がる時に腰が痛かったら要注意!

 

 坐る姿勢で何が大事かというと背中を丸めないで坐っているか?

足を組まないで坐っているか?を確認してみましょう!

 

姿勢が悪い人

 

>>>正しい座り方の動画はコチラ

>>>イスで出来る腰痛体操

 

なんか立ち上がる時に背中に違和感が・・・

足が重だるくしんどいような気がする・・・など

 

腰以外にもいろいろ感じることがあると思います。

 

一度自分の坐り方が問題ないのかチェックしてみましょう!

 

意外と自分で寝る時に腰が痛い原因がわかるかもしれませんよ!

 

 

②寝ている間に緊張

人の寝る姿勢は人それぞれです。

 

横向きに寝る人、仰向けで寝る人、うつ伏せで寝る人、足を開いて寝る人、足を曲げて寝る人・・・

 

寝ている人

 

腰に最も負担のかからない寝方は、仰向けで寝ることですが、それではなかなか落ち着かない寝付けないという方もいらっしゃると思います。

 

 

一度皆さんもどういう姿勢で最初寝ているのか試してみて下さいね!

 

 又、寝ている時に歯を噛みしめると背中にある「脊柱起立筋」が過度に緊張します。この過度に緊張した筋肉が背骨をゆがませ、背骨とつながる骨盤までゆがませ腰が反る様になります。

これも腰痛を引き起こします。

 

③食べる時間

 

人の体は食べ物で作られていますので食べ物の質、食べる時間などが不規則になると体の不調が表れてきて、腰痛も出やすくなり関係は深いです。

 

 簡単に言うと・・・朝食べたもので昼まで、昼食べたもので夕方まで体を動かす栄養になっています!

 

和定食

 

 ただ、ここで問題なのは夜遅くに沢山の食べ物・アルコール類を取ると、

体のエネルギーが消化吸収に回り、体力を回復する方に回すことが出来なくなります。

 

結果、体の疲労を回復することが出来ない状態で朝を抑え、そのまま1日が始まり、疲れが溜り 、夜を迎えるという悪循環になります。

 

 なので・・・寝る前2~3時間は食べ物・アルコールは取らないように!

 

 

ここで挙げたように夜遅く、寝る前に食べ物・アルコールを摂る事ことは、翌朝の循環を悪くする危険性が高いようです。

このような生活習慣のある方は、寝る前の食べ物・アルコールを控えるようにしましょう!

 

 

以上の3つが普通の腰痛持ちの方とは違う、夕方~夜に腰痛が出てしまう方の原因として考えられるものです。

 

ひどくなると夜だけでなく常に腰痛に悩まされることになりかねませんし、治療も症状の軽いうちに受けることで治りも早くなります。

 

>>>やよい堂整骨院のメニューはコチラ

 

 もちろん治療にかかる時間もお金も少なくて済みます。なんか変!!と思ったら痛みが本格的に出る前に早目のご相談を待っています♪

受付相談

 

 そして、日々の生活を見直して気を付けることは、とても大事なことです。

 

夜、夕方に腰痛でお困りの方は、先ほど挙げた原因を見直して自分の生活に照らし合わせてみてくださいね。

 

 

>>>腰痛改善体操 

>>>寝る前にやる簡単で効果的なストレッチ

 両脚を伸ばして、片方は・・底屈(足裏を床に)、もう片方は背屈(足首をそる)を呼吸をしながら

30秒位・・・それを3回は繰り返す!!

その時のポイントは、お腹側の骨盤に手を当てて、上下に動いていることを確認する!!

 弘江の足 背屈底屈 縮小弘江の足 背屈底屈骨盤 縮小

 

 

両足を50cm位開いて両足を背させたまま、親指ををくっつける・・・呼吸をしながら30秒

いずれも3セットはやると良いですね!!

 弘江の足 内反 縮小

 

  ※お風呂に必ず入ること(浴槽につかることが特に大事)・・・疲れを取るのに有効です

体温が1℃上がると、免疫力が30%upするといわれています。

特に足元を温めて循環を良くしましょう!!

 

入浴

   過ごし方としては・・・姿勢に気を付ける・あぐら・柔らかい椅子に坐る・背中を丸めるはさける!!

 <<<患者さんの声はコチラ 

<<< 第2の患者さんの声はコチラ

 

 中野新橋 やよい堂整骨院にお電話ください

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ