トップページ > 最近の記事 > 肩こりの原因は腕こり?腕こり解消法

肩こりの原因は腕こり?腕こり解消法

肩こりがひどくて毎日辛い・・・実は腕のこりが原因の1つとなっているかもしれません。肩と腕は繋がっているので、腕の動きによって肩に影響が出るのは当たり前なのかもしれませんね。毎日パソコンやスマホの利用や小さなお子さんを抱っこしたり、重たい荷物を運んだりと、無意識に腕を長時間酷使しています。腕の疲労は、意外と自覚症状がなく見落としがちです。放っておくと様々な症状に繋がっていきます。腕のこりを解消し、肩こりを緩和しませんか?

yjimageMAHNNDSC

腕こりの原因

・デスクに腕を置く姿勢でいると・・・

 →肘を曲げているだけで二の腕の筋肉が緊張してしまう

・キーボードを打つ動作は・・・yjimage94V7BEZR

 →指を動かす動作で前腕の筋肉が酷使される

・重い荷物を持って移動する動作は・・・

 →前腕の屈筋群が収縮してしまう

・肘を直角に曲げて荷物を持つ(バッグなど女性に多い)・・・

 →上腕二頭筋が収縮した状態になる

・ゴルフやテニスなど握りながら腕を振る動作は・・・

 →筋肉を緊張させながら更に伸ばしてしまう

 

上記の姿勢や動作は、常に腕を内側に捻って使用していることになります

この姿勢が続くと肩に持続して力が入り、肩が体幹より前に出て首が前に出ます。結果、猫背姿勢が出来上がるのです。

 

猫背によって起こる症状

・肩こり ・顔や手指むくみ ・頚椎症 ・握力低下

・胸郭出口症候群(腕・胸・背中の痛み・しびれ・麻痺など)

これらは腕のこりがひどくなることによって姿勢が悪くなり、肩と頭が前に出る姿勢から起こされる症状です。日常生活では、腕を体幹より前に出して使う事が圧倒的に多い為、伸ばす筋肉より曲げる筋肉が凝ってしまいます。二の腕で言うと力こぶを作る上腕二頭筋、前腕で言うと握る時に力が入る屈筋群と呼ばれるところが疲労します。

 

腕こりチェック法

1.手の平で肩を包んでください。肩の筋肉が腕に向かって軽く盛り上がっています、そこを三角筋といいます。この三角筋が下に向かって薄くなっているそのあたりです。次の二の腕の筋肉との境あたりを何か所が押してみると、かなり痛むと所があります。そこが腕こりのつぼなのです。

痛みがある点には、老廃物が溜まっている可能性があります。老廃物が溜まると血流が悪くなり、それがこりを作り出します。

 41

2.肘を少し曲げた時にできる骨のでっぱりから指3本分下のあたりにあるつび「手千里」が痛む人は、腕全体が少々お疲れ気味かもしれません。yjimage

 

3.座っている状態でも、立っている状態でもかまわないので、腕を肩の位置に水平にします。その状態で1分もしないうちに肩から二の腕が疲れてしまう人は、かなりの腕こりだと思います。

 

腕こりに効くマッサージやストレッチ

1.腕の軽いマッサージから

腕は常に下に下がりがちなので、指先から肩に向かってさすってやると良いでしょう。また、こりを感じる腕をもう片方の腕で胸の前で抱えて、グーっと肩の筋を伸ばします。

 

2.爪もみ・指先ほぐしiketu

爪の横の部分を刺激していきます。各指10秒ずつを2セットが目安となります。爪もみの効果は、自律神経のバランスを整えて免疫力を十分に発揮させる効果があることがわかっているそうです。

 

3.母指球ほぐし

指先・手首・腕周りの力みと、とても関係が深いのは親指です。yjimage46GUVG8O

親指の使い方が悪かったり、力みが強かったり、使い過ぎていたりすると、親指の筋肉疲労を蓄積させてしまいます。デスクワーク中など、気づいたらほぐしてあげるといいですね!

 

4.手~腕の内側のストレッチ

自分の腕を手の平側向けて身体の横に置きます。肘を伸ばして手の平が床面につくように上から体重を使って押さえつけます。ここから体重をかけて身体を後ろ側に引いていきます。

 yjimage0SYDS9J0

5.肘~指先のストレッチ

肘から指先方向に指2~3本横に並べた分くらいいったところに「手三里」といいうつぼがあります。そこを指を使って押さえます。押すと痛気持ちいいところです。指で押さえつけた状態で手首を保ったまま、手を大きく開いてパーにしては緩めて・・・を繰り返します。15回を2セットが目安となります。

 line_whiteday_heart2

マッサージやストレッチは場所を選ばすどこでもできるので、

ちょっとした休憩の時などから初めてみて下さいね!

肩こりを改善したいのなら、まず腕のこりを改善しましょう!

中野新橋 やよい堂整骨院にお電話ください

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ