交通事故の費用について

交通事故にあったときにかかる費用の種類は?

交通事故にあったときにかかる費用の種類は?交通事故にあったときにかかる費用の種類はケースによってさまざまです。一般的には病院の治療費、整骨院の施術費、通院する場合は交通費などもかかってきます。

病院で治療するにあたって器具が必要な場合は器具代もかかりますし、交通事故の状況や怪我の状態によっても変わってきます。

入院が長期間になるとそのぶん費用もかかりますし、入院時に個室を依頼すれば個室代も当然必要となってきます。当然、入院生活に必要な備品や消耗品の購入費が必要です。

また車に乗っていて交通事故にあった場合は車の修理費用や、廃車にする場合はその費用もかかってきます。

このように交通事故には治療費、施術費、器具費、交通費、雑費、修理費用などがかかると心得ておきましょう。

 

 

交通事故にあったときにかかる費用はどのくらい?

交通事故にあったときにかかる費用はどのくらい?交通事故にあったときにかかる費用は数万円から数百万円やそれ以上の金額になる場合があるため、一概にいくらとは言えません。

相手がいるかどうか、自分に責任があるかどうか、入院の必要性や期間、車の破損状況などによってもかかる費用は大きく違ってきます。

費用の分担は過失割合によります。そのため自分が交通事故によって外傷を負った被害者だからといって必ずしも全額負担してもらえるというわけではありませんし、お互いの過失割合が同じとなると相殺という形をとることにもなります。

そのためまずは保険会社に連絡をし、当時の事故の状況をできるだけ詳しく伝えるようにしましょう。

 

 

交通事故にあったときに相手へ請求できる金額は?

交通事故にあったときに相手へ請求できる金額は?交通事故にあったとき、相手へ請求できる金額は過失割合によって決まります。100%相手に過失がある場合は、入院費や治療費、車の修理費などの費用を全額請求することができる場合があります。

ただし、交通事故関連の費用だからといって、どんな費用でも請求ができるというわけではありません。

基本的に認められているのは入院や治療などの積極損害費用、仕事を休んでしまったときの消極損害費用、肉体的・精神的なことに対する慰謝料、壊れてしまった物への物損費用となっています。

そのため交通事故にあった場合でも「いくらまでは請求ができる」という上限はなく、認められている範囲の中で費用を請求できるようになっています。

しかし一般的には数万円~数百万円、もしくはそれ以上の請求となり、事故の規模や相手の過失割合が多い場合には相手から高い金額を請求できる傾向があります。

交通事故に遭ってしまった!! Traffic Accident

  関連コラム Column

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:やよい堂整骨院
住所〒164-0013 東京都中野区弥生町2丁目19-8
最寄:地下鉄丸ノ内線 中野新橋駅より 徒歩2分
駐車場:当院の近隣にコインパーキングがあります。
予約優先
8:30〜
12:30
8:30〜
14:00
-
15:00〜
20:00
- -

やよい堂公式SNSアカウント やよい堂では公式SNSアカウントを運用中!

やよい堂公式SNSアカウント やよい堂では公式SNSアカウントを運用中!

公式SNSをフォローするといいこと

  • 毎月お得なクーポン情報を発信しています
  • 新しいサービスなどのご案内をしています
  • キャンペーン情報などいち早く入手できます