トップページ > 最近の記事 > 年末年始、腰痛を悪化させないために気を付けること

年末年始、腰痛を悪化させないために気を付けること

年末年始になると、体調をくずすということはありませんか?忘年会や大掃除、帰省、新年会など、飲み過ぎ食べ過ぎ、普段よりも無理をしてしまい、どっと疲れが出てきやすい時期です。腰痛がひどくなった!なんてことになったら大変です。辛い痛みを悪化させず、自分自身で緩和することができたら、仕事初めも安心して迎えることができますね!では、辛い腰痛を楽にするにはどうしたらいいのでしょうか?

bounenkai

腰痛緩和は筋肉を柔らかくすること!

腰痛の原因の1つは「筋肉」です。腰周辺の筋肉が硬くなってしまうことで、神経を圧迫したり、血液の循環を悪くしてしまい、痛みが起こります。腰痛を緩和させるには、まず腰周辺の筋肉を柔らかくして筋肉を硬くしてしまう要因をなくすことです。

マッサージや薬などで対処しても、一時的に痛みをしのぐだけで、筋肉を硬くしてしまう要因がある限り、なかなか治らない原因にもなります。

f23f514243c51c4368bdc92b9b05bf29 

筋肉を硬くしてしまう要因をなくすには

◆食事の量を減らすこと

ilm19_cb010211日3食ともお腹いっぱいになるまで食べているという人は、その食が腰痛の原因になっている可能性があります。お腹がパンパンになるまで食事をすると、腹圧が高くなりお腹の周囲の筋肉を圧迫してしまいます。そして腰の筋肉が緊張してしまい腰痛が起きてしまうのです。食べ過ぎは消化に負担をかけてしまいます。どうしても我慢できないのであれば野菜や果物を積極的に食べましょう。生の野菜や果物の酵素は、身体にたまった毒素や老廃物を流してくれたり、体の治癒力を高めてくれます

 

◆体を冷やさないこと

冷えは腰痛の大敵です。体を冷やしてしまうと、全身の血流が悪くなり、老廃物が流れづらくなり、回復が遅れてしまいます。血流が悪くなると、筋肉が硬くなってしまうので、余計に腰の痛みを感じてしまうのです。

 

◆夜更かしをしないこと

yjimagej13r4eg2布団に入っても、スマホをいじってしまい、寝る時間が遅くなっていませんか?睡眠が腰痛の緩和に与えていく影響は大きいです。睡眠が足りていないと、筋肉への血液循環が悪くなり、疲労物質が溜まりやすくなっていきます

 

◆ストレスを溜め込まないこと

腰痛を1番悪化させやすく、治しづらくするのはストレスです。腰痛は精神的なストレスが大きくかかわっています。あれもこれも抱えてしまうと、どんどんストレスがたまってしまい、結果的に筋肉を硬くしていきます。

やらなければいけない!という考えを捨てよう

すべて背負うのではなく、その日にやらなければならないと考えている作業を1つ減らすことで、ものすごく楽になります。

イライラを捨てよう

イライラするのもいろんな感情があります。嫉妬やねたみ、恨み、欲求など、現在抱えているイライラの感情を書きだして声に出してみてください。そしてその書いた感情を冷静に見てください。自分の感情を見つめることが大切なのです。自分の感情を認めてください。多くの人はポジティブな思考を求めます。

 

腰の筋肉を柔らかくする方法

◆お風呂に入る

筋肉は、温めることで血流の流れを良くして、疲労物質をなくしていきます。さらにはたっぷりのお湯の中に入るとお湯の浮力で、身体が重力から開放され、筋肉が柔らかくなっていきます。%e5%85%a5%e6%b5%b4

◆体を動かそう

腰痛は、実は動かせる範囲で体を動かした方が治りが早くなります。歩ける程度の痛みであれば、ウォーキングがオススメです。20分程散歩するのも効果的です。また、お風呂上がりのストレッチも効果的です。

 

line_whiteday_heart2

今回ご紹介した方法は、あくまでも自分自身でできる腰痛緩和法です。

軽い腰痛であれば、続けていくことで治ってしまう場合もあります。

しかし、長引く腰痛であれば治療してもらいましょう。

中野新橋 やよい堂整骨院にお電話ください

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ