トップページ > 最近の記事 > 腰痛で座るのが辛い方へ実践してほしい3つの対処法

腰痛で座るのが辛い方へ実践してほしい3つの対処法

近年は、仕事はパソコンを使うことがメインとなるため、多くの人がデスクワークをしております。その結果、慢性的に腰痛になる人が増えているのです。一昔前は、腰痛と言えば高齢者というイメージがありましたら、今は老若男女に関わらず、腰に何かしらの痛みを抱えていることも少なくありません。
もし、腰痛によって座る事さえも辛い場合はどうすればよいのでしょうか。有効な3つの対処法について見ていきたいと思います。

座る姿勢を調整する

腰痛を抱えないためには、座る姿勢が何よりも大切です。だから、普段の座り姿勢を調整しましょう。
まず、椅子に座る時ですが、太ももと床が平行になるように調整しましょう。
腰への負担を軽減するためには、自分に合った理想的な椅子の高さがあります。もし低すぎると、足を曲げざるを得なくなり、姿勢が歪みます。高すぎると、足が床に着かずに、体を支えるのが腰だけになってしまいます。それが腰への負担を増加してしまいます。仕事場の椅子は、高さ調節ができるものが多いので、自分に合った高さを見つけて仕事をしましょう。
また座り方も重要です。
足を組まず、腰を深く座り、姿勢が真っすぐになるように意識してください。もしクッションがあれば、腰の部分にクッションを入れておくと、より安定します。もし、自然と足を組んでしまう人や、徐々に腰が深くなっていく人は、すでに姿勢が歪んでいます。だから、強制的に姿勢を正すことを続けなければなりません。最初は辛いかもしれませんが、慣れてくるとそれが楽な姿勢になってきます。

長時間同じ姿勢にならないようにする

同じ姿勢を長時間続けないということも大事なことの一つです。
ずっと同じ姿勢が続くと、筋肉が硬くなったり、血流が悪くなり、こりや痛みを感じるようになります。特に座っている時は、立っている時よりも腰に負担がかかっております。その状態が長時間続くと、腰への負担が蓄積し、やがて慢性的な痛みが生じるようになるのです。
それを防ぐためには、定期的に姿勢を変えることです。
例えば、立ちあがってみたり休憩を取ってちょっと歩くことをしてみましょう。座っている時も、腕を伸ばして簡易的なストレッチしたり、腰を回してみたりすれば、筋肉がほぐれて疲れがたまりにくくなります。デスクワークをしていたり、好きなことをしていたり何かに集中していると、どうしても同じ姿勢が長い時間続いてしまいます。だから、自分の中で、何分に一度は立ちあがるなどのルールを決めておくとよいでしょう。

生活習慣を改善する

慢性的に腰痛がある人は、生活習慣から改善していくことが必要です。即効性はありませんが、根本的な原因を解消するためには、生活を変えていくしかありません。
例えば、食生活です。
脂っぽいものを食べすぎたりすると、内臓に負担がかかります。その結果、内臓疲労が起き、血液の循環が悪くなります。それが、体中の筋肉を固くし、疲れが取れず、慢性的な腰痛を引き起こす原因となってしまいます。

また、たばこやお酒の過剰な摂取も要注意です。
どちらも、血液の循環を悪くするものなので、筋肉の硬直に繋がります。お酒は適度な量であればリラックス効果があり良いものですが、過剰な摂取は禁物です。
運動不足も解消する必要があります。週に2〜3回はウォーキングする、ランニングするなど、軽い運動をすることで、代謝が良くなり血液の流れも良くなります。筋肉も鍛えられるため、腰痛にもなりにくくなります。
食生活、睡眠時間、運動など、健康的な生活をしっかりと送れば、体のバランスがよくなるため、腰痛はもちろん、こりなども発生しにくくなります。今まさに腰痛で苦しんでいる人には、すぐに効果が現れることは少ないのですが、長い目で見て効果は出てくるものなので、地道に改善していきましょう。

腰痛で座ることが辛いと、家でも仕事場でも苦しい日々が続いてしまいます。健康的で楽しい生活を送るために、今回紹介した対処法を実践してみてはいかがでしょうか。

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ