トップページ > 最近の記事 > 歩く姿勢がきれいになればスタイルも改善する

歩く姿勢がきれいになればスタイルも改善する

みなさんは普段歩く時の姿勢を気にされておりますでしょうか。特に女性の方は、周囲からの目線が気になり、歩く時もどんな風に見られているのか気にされている人もいらっしゃると思います。
歩く姿勢をきれいにすることは、健康的にもよく、またスタイルの改善にも繋がります。どうすれば歩く姿勢はきれいになるのか、見ていきましょう。

骨盤の歪みが原因

歩く時の姿勢が悪い人は、骨盤が歪んでいる事が主な原因です。骨盤とは、腰とお腹の間にある人間にとって核となる場所であり、ここが歪んでしまうとさまざまな場所に不具合が生じます。そして、現在の日本社会において、骨盤が歪みやすい環境になりやすいとも言われております。

例えば、仕事のスタイルの変化もそうです。今は、デスクワークで働く人が非常に多くなっており、一日中パソコンを使っている人も珍しくありません。座りっぱなしですと、腰に常に負担がかかっている状態なので、骨盤は歪んでいきます。例えば、座る時につい足を組んでしまう人や、O脚やX脚になっている人は、歪んでいる証拠です。そして骨盤が歪んでいると、歩く時の姿勢も乱れていきます。前傾姿勢になったり、どちらか片方に重心が傾く、脚がまっすぐにならない、といった状態になります。しかも本人は自然にそうなっているので、自分の歩く姿勢がまっすぐでないことに気付きません。周囲からは、ちょっと変わった歩き方をしていると思われてしまうのです。

腸腰筋を鍛えることで骨盤がまっすぐ立つ

では、骨盤を正しい状態にするにはどうすればよいのでしょうか。それは腸腰筋を鍛えることです。腸腰筋とは、股関節前面の深層部に位置する筋肉であり、表面ではなくいわゆるインナーマッスルの一つです。腸腰筋が弱くなると、スウェイバック姿勢という、猫背のような姿勢になったり、フラットバック姿勢という、背骨のS字カーブが減少し背骨がまっすぐな姿勢になってしまう姿勢になります。本来は、顎を引いて、背筋は緩やかなS字カーブになるのが理想的な姿勢なので、腸腰筋が衰えると姿勢がどんどん歪んでいくことになります。

腸腰筋を鍛えるには、ストレッチや筋トレなどもありますが、一番手軽な方法があります。それはウォーキングです。ウォーキングする時には、まっすぐに背筋を伸ばし、大きく足を上げ、早足で歩くことを意識してみましょう。と同時に腕も大きく振ることで、背骨に回旋が生じて、骨盤も自然と動き、自然に足を大きく踏み出せるようになります。イメージとしては、骨盤を使って歩いているという感じです。これを続けることで、腸腰筋は鍛えられ、骨盤がまっすぐに立つようになります。

歩き方がきれいだとスタイルも良くなる

歩く姿勢がよくなることで、自然とスタイルも良くなっていきます。女性の方の中には、スタイルを気にして、食事に気を使ったり、ジムに通ったりすることもあると思いますが、実は歩き方だけで改善することは十分に可能なのです。歩き方がきれいになると、骨盤がまっすぐになり、ヒップアップの効果があります。さらに、あごを引き、背筋が伸びるようになるため、お腹のたるみもなくなっていきます。ウエストとヒップ、この二つはスタイルにおいてかなり重要な要素であり、歩き方一つで変わってきやすい場所でもあります。

そのためにも美しい歩き方を普段から意識することが大切です。膝を正面に向け、足を踏み出した後はかかとから着地し、足の裏からつま先へと体重移動しましょう。また目線はまっすぐと前を向いてください。そして、大股や小股になりすぎず、肩幅ほどの歩幅で歩くようにしましょう。そうすれば、歩き方もきれいになり、自然とスタイルも改善していくようになります。これは今日からでもすぐに始められる事なので、すぐに実践してみましょう。

スタイルに悩んでいる女性の方は、まずは自分の歩き方を改善することから始めてみてはいかがでしょうか。スマホで歩いている時の動画を撮影してもらい、どこが歪んでいるのかチェックしてみるのもお薦めです。

 

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ