トップページ > 最近の記事 > 骨盤が安定しないと首・肩こりが出やすいのはなぜ?

骨盤が安定しないと首・肩こりが出やすいのはなぜ?

骨盤が不安定で歪んでいることが首・肩こりの原因になっていることがあります。いくら首をマッサージしても、いくら肩を揉んでも良くならない…それは、コリの根本原因を解消していないため。骨盤の歪みと、首・肩こりの関係性について詳しくお伝えしていきましょう!

骨盤と首・肩は繋がっている

首や肩がこるとその場所ばかりに着目してしまい、その原因がどこから来ているのかを考えない人がたくさんいます。しかし、その根本原因となるのが骨盤の歪みだったなら…、あなたはその歪みを正さない限り、そのコリや痛みは長く続くことになるでしょう。

「骨盤」は背骨の土台部分のこと。上半身と下半身をつなぐ役割があり、身体を動かすのに重要な身体の芯となる部分です。骨盤はいくつかの骨が合わさった集合体で、大きく分けると寛骨と仙骨、尾骨から成り立っています。骨盤の中心となるのが逆三角形の形をしている仙骨で、この仙骨は背骨の腰椎と繋がっています。

ココの関節を仙腸関節といいます。この関節は数ミリしか動かないのですがその動きが大事です。首こり、肩こりの強い人はこの関節の動きが悪くなっています。

骨盤が安定しないと背骨に悪影響を及ぼします。正しい背骨は自然なカーブを描いていますが、このカーブを保つことが難しくなります。背骨についている筋肉に大きな負荷がかかることで首や肩にコリや痛みが出やすい状態に。そのまま放置することによって、骨はゆがんだまま固定されてしまい、痛みはずっと続くことになります。

「骨盤」と「肩甲骨」は、構造と動きがよく似ていると言われています。骨盤は上半身の土台となる骨で、脚をつなぐ股関節が付随しています。一方で肩甲骨は腕の土台となる骨で、腕をつなぐ肩関節が付随しています。この二つは互いにバランスを保って機能しているため、片方に歪みが出たり不安定になることで、もう一方に大きな負荷がかかってしまうのです。

もうひとつ、人の身体は筋肉があらゆる部位についていますが、その筋肉と筋肉は「筋膜」という膜で覆われて繋がっています。この筋膜の繋がりについて、同じ深さで直線的に走っている主要なものは、「アナトミートレイン」と言われ、筋肉同士互いに大きく影響し合います。首から背中、おしり、ももの裏からふくらはぎ、かかとに続くラインはこの基本ラインの一つ。これらのことから、首・肩と、背中・骨盤が繋がっていることは、様々な意味で言えることができるのです。

「骨盤が不安定になる原因は?日頃心がけたいこととは!!」

骨盤が歪んだり不安定になる原因は、日頃の些細なことの繰り返しが大きく影響しています。例えば、立っている時は無意識にどちらかの片足に体重をかけていたり、バッグはいつも同じ肩にかけていませんか。よく足を組む癖があったり、イスには浅く座り背もたれにもたれかかる姿勢をよくしていたり。高いヒールを日常的に履いている女性や、仕事で長時間同じ姿勢でいることが多く、かつ猫背や反り腰の人は要注意です。

 

私たちはこれらを「楽」だと思い、ついしてしまいがちです。正しい姿勢や美しい姿勢というのは、意識して行うと「辛い」と思うものですが、本当は逆。あなたが楽だと思っている姿勢や動作は、身体を歪ませ身体に不調を呼ぶ辛い結果を招く可能性があります。まずは姿勢を正すこと。そして身体の使い方を意識してみることが大切なのです。

 

女性の場合、出産も骨盤の歪みに影響します。出産時に赤ちゃんが出やすいよう骨盤は大きく開き、出産後に数カ月かけて元の位置に戻ります。しかし、もともとの生活習慣で身体に歪みがあると元の位置に戻りづらくなり、骨盤が歪んだまま固まってしまいます。出産後に首や肩がこるようになった、冷え性になり、身体がむくみやすくなった、体重が戻らずお腹がたるんだまま体型が崩れてしまった…、それらは骨盤の歪みによって引き起こされた症状。出産後は骨盤ベルトを使用したり、骨盤矯正を受けるのも必要に応じて考えてみると良いでしょう。

適度に体を動かすことは一番の予防法です。運動を日常的に行っている人の多くは骨盤は安定しています。ウォーキングやストレッチ、骨盤体操などをすることで、身体の歪みは改善することが多いのです。

骨盤と首・肩こりに繋がりがあることはお分かりいただけましたでしょうか?

辛い症状に悩まされている方は、ぜひ骨盤に注目し、日々の動作などを見直してみてくださいね。

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ