トップページ > 最近の記事 > 寝違えたら肩甲骨まで痛い!なぜ?

寝違えたら肩甲骨まで痛い!なぜ?

肩甲骨が痛む理由

朝起きて寝違えてしまったときの痛みはなかなか辛いものです。寝違えると首や肩が痛むのですが、背中特に肩甲骨のあたりが痛むという方もいます。なぜ寝違えると肩甲骨が傷んでしまうのでしょうか。

まずは寝違えるシステムについて考えてみましょう。

そもそも寝違えとは何かというと、「急性疼痛性頸部拘縮」と呼ばれる症状のことです。朝起きて、なんだか首が痛いといった症状にはこのような名前がついていたのですね。

寝違えると痛みのために首が動かしづらくなったり、筋肉がこわばってしまって動かしにくくなります。また、背中や肩、腕といった部位が痛むこともあります。

誰でも寝違えた経験はあるかもしれませんが、最近寝違えたときにどのくらいの期間で治ったか覚えていますか? 一般的には寝違えてから三日ほどで激痛やどうしもないような運動時痛は良くなることが多いようです。

ただし、もし重症化すれば一週間以上にわたって痛みや肩・肩甲骨間・腕のしびれが継続するといいます。

寝違えの原因の多くは寝ている間に無意識に無理な姿勢をとったことです。 しかし、ただ無理な姿勢をとっただけでは寝違えにはなりません。

首や肩などの筋肉が日中から凝っていると初めて寝違えになるといいます。筋肉が凝り固まってしまう原因はいくつかあります。

一つは血行不良です。血行不良はなぜ起こるのかというと、筋肉が疲労すると筋繊維の間にある毛細血管が圧迫されます。すると血流が阻害されてしまいますので、血行不良が発生します。

長い間ある箇所の筋肉に負担をかけ続けると、血行不良が継続的に発生して筋肉に疲労が溜まります。該当箇所が凝ってしまいますので、寝違えやすくなります。

あまり筋肉を使っている自覚がなくても、悪い姿勢でいると首周りや肩周りの凝りに繋がります。 首や肩には大きな筋肉があります。例えば背中にある僧帽筋や首筋にある胸鎖乳突筋は、重たい頭を支える大切な筋肉です。

姿勢良く過ごしていれば特に負担がかかることはありませんが、デスクワークなどでうつむきがちの姿勢を長時間とったりするなど、悪い姿勢でいると負担がかかります。これらの筋肉に常に負担がかかっている

と寝違えやすくなってしまうのです。

もし寝違えて肩甲骨のあたりが痛む場合は、肩甲骨の周りにある僧帽筋がダメージを受けている可能性が高いです。重度の寝違えでは首が受けた負担が僧帽筋の周りにまで影響するといいます。肩甲骨が痛いということは僧帽筋に炎症が起こっていると見ていいでしょう。

寝違えの対処と予防方法

寝違えの対処法の基本は痛む部分を冷やすことです。そうすると筋肉の炎症が抑えられます。肩が痛む

ときは保冷剤などを患部に当ててよく冷やしてみましょう。 

その際はしっかりと冷やすことが重要です。少し冷たすぎるかもと感じるくらいまで

保冷剤に巻くタオルなどを調整し、10分程度は患部に当て続けます。痛みが治らないようであれば1時間ほど間をおいてからまた冷やすとよいでしょう。

寝違えてしまったときで、特に肩甲骨付近が痛む場合は、患部を冷やしたり姿勢を改めることでだんだんと症状が和らいでいきます。

寝違えてしまった際に首を温めてしまう方もいますが、これは NG です。痛む箇所

の筋肉が寝違えによって炎症を起こしているので、温めると炎症が悪化します。温かい湯船に入ることは避け、シャワーで済ませることをおすすめします。

肩甲骨などが痛んでも無理に該当箇所を動かさないようにしてください。該当箇所のストレッチやマッサージを無理に行うと逆効果で、治りが遅くなる可能性さえあります。幹部ができるだけ動かさないようにしましょう。

寝違えの予防法ですが、寝違えてから行ってしまいがちなストレッチやマッサージを筋肉が凝りやすい箇所に行っておくことです。首や背中が疲れたなと思ったらこまめに動かしてみるとよいでしょう。

肩甲骨が痛くなるという方は僧帽筋を柔らかくするトレーニングを日常生活に取り入れてみるといいかもしれません。

また、ストレスも筋肉のコリの原因になります。ストレスが溜まったなと感じたら旅行に行ったりよく休んだりして解消しておくことが重要です。

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ