トップページ > 最近の記事 > クーラーと腰痛の関係とは

クーラーと腰痛の関係とは

近年は、温暖化の影響からか年々暑くなってきています。かつては避暑地として利用されていた北海道や東北地方ですら、クーラーが必要になるかもしれない、それぐらい夏の暑さへの対策が必要となっております。
さて、クーラーは瞬時に体を冷やしてくれるので重宝しますが、その反面効きすぎると体調不良になることがあります。
その中でも気になるのが、なぜか腰痛になってしまうということです。腰の痛みは、クーラーと関係があるのでしょうか。

冷房病による腰痛

みなさんは、冷房病という言葉を聞いたことがあるでしょうか。クーラー病とも呼ばれることがありますが、どちらも正式な病名ではありません。夏にクーラーを長時間つけ続けると、体のさまざまな部分が不調になるという症状です。手足が冷えたり、倦怠感を感じたり、疲れやすさも感じるようになります。そして、症状の一つに腰痛があるのです。
クーラーが効いているのは、自宅のリビング、職場、コンビニ、デパート、飲食店などです。短時間であれば症状が出ることは少ないのですが、長時間クーラーの冷たい風に当たり続けると、徐々に体調が悪化していきます。特に倦怠感や、疲労感、そして腰痛肩の痛みは、すぐに気付けるものではありません。そういった生活を何日か続けていくうちに、どこかで症状を感じるようになりますので、それがクーラーのせいとはなかなか気付けない人が多いです。
夏になるとなぜか体調が悪くなってしまう、そんな人は今一度、自分とクーラーがどれだけの時間接しているか、振り返ってみるとよいかもしれません。

なぜ腰痛になってしまうのか

では、なぜクーラーの冷たい風を受けることで腰痛になってしまうのでしょうか。
原因は大きく分けて二つあると考えられております。

一つ目は、血行の悪化です。人は体が冷えてしまうと、血管が収縮して、体内の血液の流れが悪くなってしまいます。冬に血行不良による間接の痛みや手足の冷えが多くなるのも、それが原因と言われております。クーラーの冷たい風を体に受け続けることで、必要以上に体を冷やすこととなり、それが血行不良を招くことになってしますのです。

二つ目の原因が、体を動かさなくなってしまうことです。本来、人は、体を動かすことで全身の筋肉や血液が正しく機能するようになります。でも、夏になると、すぐに汗をかくことを懸念し、なかなか体を動かさなくなる人が多くなります。冷房の効いた部屋にずっと滞在したり、涼しいところに同じ姿勢でいることが、やがて腰痛や肩の痛み、関節痛の原因となってしまいます。
クーラーによって、体内の血液の流れ、そして筋肉の収縮、この二つの機能が悪くなってしまうことで、腰痛は起きやすくなるということが分かります。

腰痛を未然に防ぐためには

夏に腰痛にならないようにするためには、クーラーの使い方を考える必要があります。特に大事なのが温度設定です。必要以上に冷やしすぎず、いつもより1℃以上高めの温度設定をするとよいでしょう。特に外から冷房の効いた部屋に入った時は、効きすぎなのか的音なのか判断が難しくなります。ある程度汗が収まったら、こまめに温度調整するよう心がけましょう。また、腰回りをブランケットで温めたり、温かい飲み物を飲み、内臓を温めるということも効果的な対策です。夏にはなかなかしにくいことではありますが、冷房の効いた室内では何かしらの対策を行う必要があります。

そして運動にも着目しましょう。夏になると外に出なくなったり、体を動かさなくなる人が増えます。でも、それがかえって体調不良の原因となってしまいます。熱中症対策として、十分な水分補給をすることを意識しながら、ウォーキングなど軽めの運動をしたり、外に出る習慣を身につけましょう。

冷房が効いていなければ仕事も家事もできない、でもそれが原因で体調不良になってしまうという、クーラーは諸刃の剣でもあります。でも、正しく使い、適切に対処すれば、腰痛などの体の不具合は改善することができます。クーラーと上手に付き合っていくためにも、自分の体の状態をしっかりと見極めましょう。

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ