トップページ > 最近の記事 > 胸、背中の疾患と内臓の関係はあるのか?

胸、背中の疾患と内臓の関係はあるのか?

胸や背中に何かしら痛みが走る時があります。
単純に筋肉痛だったりすることもありますが、
中には何かしらの病気の影響で痛みが生じることがあります。

特に胸や背中は広範囲に広がるため、何か違和感を感じると、途端に不安になりますよね?
だから、すぐに病院に相談する人も多いのではないでしょうか。

胸や背中の疾患については、症状も原因もさまざまですが、
一部では内臓と深く関係していると言われています。
どういったことなのか、詳しく見ていきたいと思います。

内臓に異常が起きているシグナルである

胸や背中が痛みだすのは、
その周辺の場所に何かしらの原因があるとは限りません。
実は、関連痛といって、痛みを感じている場所以外に原因があって起きる痛みがあります。

よって、それを治療するためには、直接原因となっている場所を特定しなければならないのです。
胸や背中が痛いと、普通は筋肉が痛いのか、あるいは骨や神経系、または臓器の不調を考えます。

しかし、これらの痛みは、全て内臓に異常が起きているシグナルであることも少なくありません。
なぜそうなのかというと、心臓や胃、胆のうなどに通っている神経と、
胸や背中、肩などに通っている神経が、脳へ行く途中の脊髄で交わっているからです。

これにより、痛みのシグナルを感じる脳が、
内臓の痛みを、胸や肩、背中の痛みと勘違いしてしまうことがあるのです。
人は、痛みを脳でキャッチしています。
その脳に伝わる神経の伝達において、
本来痛んでいる場所とは違う箇所の痛みと感じることは多々あるのです。

例えば、心臓発作の場合には、本来は胸の左側が痛くなるのですが、
初期段階では、左腕や首、顎が痛みだすと感じる人もいるのです。つくづく、人間の体は不思議だと感じさせます。

内臓疲労や内臓疾患による背中の痛み

この背中に関しては、痛みが感じやすい場所です。
特に脊椎があるため、体がゆがんだり、肩や腰を酷使することで、
背中全体に違和感を感じるようになります。

そんな背中の痛みの中でも、内臓疲労や内臓疾患が原因となることがあるようです。

例えば、左側の背中が痛いと感じる場合、
これは内臓の病気にかかっている可能性があります。
特に左側が痛むのは、すい臓の病気が考えられ、慢性すい炎や、場合によってはすい臓がんも考えられます。
すい臓の病気には自覚症状がないため、知らない間に進行し、発見した時にはかなり深刻な状態になっていることがあります。
だから、背中の痛みを感じたのあれば、すぐにでも検査が必要となります。

逆に右側が痛むのは、肝臓、胆のう、十二指腸といった臓器の病気が疑われます。
右側が痛いからといって、必ずこれらの臓器に不具合があるとは限りませんが、
その可能性があることを把握しておくと良いでしょう。

内臓に負担をかけないためには

内臓に何かしらの異常があると、
胸や背中が痛んでしまう可能性があることが分かりました。

では、普段から内臓に負担をかけないためには、
どんな方法がよいのでしょうか。それは、食生活を気をつけることです。
毎日の食事の中で、いかに内臓に負担をかけない食事法をするかが重要となってきます。

まずは、食べ方です。
食事は、必ずゆっくりと摂るようにしましょう。急いで食べることで、実は内臓に大きな負担をかけているのです。
食事中は、副交感神経が働き、消化液が分泌され、食べ物を消化しやすくなります。
しかし、短時間では十分な消化液が分泌されず消化不良を起こしてしまうのです。

また、消化吸収には、酵素が大きく関わります。
酵素は唾液に含まれており、噛むことでより多く分泌されます。
そして、分泌された唾液が食べ物と混ざることで、胃や腸での消化吸収の負担を減らしてくれます。

しかし、慌てて食べることで、十分な酵素ができず、消化吸収が悪くなり、内臓に負担がかかってしまうのです。
つまり、食事をゆっくりと時間をかけ、たくさん噛むことで、内臓に負担をかけずに済みます。

胸や背中が痛みだしたら、内臓に負担をかけるような生活をしていないか、
振り返ってみてください。もし心当たりがあるのであれば、まずは食事の仕方から改善していきましょう。

 

中野新橋 やよい堂整骨院にお電話ください

 

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ