トップページ > 症状別施術 > 腰椎椎間板ヘルニアを自分で予防する方法はこれ

腰椎椎間板ヘルニアを自分で予防する方法はこれ

日本人の国民病と言われる腰痛。腰椎椎間板ヘルニアはその腰痛の中でも重症度が高く、放っておくと重い障害をきたしてしまうほど深刻な疾患です。今回は、この「腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア」についてご紹介します。腰の痛みに悩まされる前に、普段から何に気を付け、どう予防すればいいのか、詳しくまとめてみました。

「腰椎椎間板ヘルニアって何?症状の特徴は?」

腰椎(ようつい)とは、背骨の下の腰の部分を指します。背骨は医学的に言うと脊椎(せきつい)のことで、椎間板(ついかんばん)と、椎骨(ついこつ)で構成されています。椎間板はクッションの役割があり、中は髄核(ずいかく)といったゼリー状の物質と、その周りを線維輪(せんいりん)という組織で囲むことでスムーズに動かせるようになっています。

この椎間板は、20歳を過ぎたくらいから線維が加齢によって破れやすくなります。その断裂部分から髄核の成分が出てしまうことを「ヘルニア」というのです。症状が出る原因は普段から姿勢が悪かったり、スポーツによって刺激を与えることで発症しやすくなります。背骨の中には神経が通っています。ヘルニアによって神経根が圧迫されると、その部位によって様々な症状があらわれます。主な症状としては腰痛や脚のしびれ、力が入りにくくなり、重症化すると排尿や排便に障害が起こることもあるため、放置せずに適切に対処することが大切です。

「腰椎椎間板ヘルニアの治療は程度によって異なる」

腰椎椎間板ヘルニアの治療は症状の程度に応じて行います。まずは安静にし、コルセットの装着などで余計な負荷をかけないようにします。病院の場合は、消炎鎮痛剤やビタミン剤、筋緊張弛緩剤の内服や座薬が処方され、神経ブロックの注射(痛みや炎症を抑える)を用いることもあります。適度に温めたり、運動療法などを取り入れる方法も。これら手術以外の治療法は「保存療法」と呼ばれます。

重症化している場合は、変形してしまった椎間板を切除したり、突き出してしまった髄核を除去、神経を圧迫している部位を緩和する手術を行うこともあります。

「今日からできる腰椎椎間板ヘルニアの予防法」

腰椎椎間板ヘルニアは、日頃の生活習慣が大きく影響している疾患です。自分で予防する方法は、まず日頃の生活で背中から腰に負担がかかっていないかどうかを見直すことです。普段の姿勢、猫背になっていませんか?もともと腰椎は適度に反った形をしていますが、猫背になると骨の隙間が広がりやすくなり歪んでしまいます。

デスクワークの多い仕事だったり、スマホをいじることが多く、猫背が定着してしまうと腰に負担がかかり続けることに。また重い荷物を持つ時は、腰や背中をまげて持ち上げるのではなく、ひざを曲げひざの力を使って持ち上げるようにしましょう。骨の老化や椎間板の老化にも気を付ける必要があります。老化によって椎間板は柔軟性が無くなり、少しの衝撃にも耐えることができずに隙間からはみ出しやすくなります。骨の老化で骨がもろくなると、本人が気づかない程度のわずかな骨折を起こすようになり、その破片が椎間板を傷つけてしまうこともあるのです。

加齢は止めることができませんが、老化現象は抑えることが可能です。暴飲暴食をやめ栄養バランスの摂れた食事を心がけ、しっかり睡眠をとって疲れやストレスをためないようにすると、身体は内側から元気になります。これは腰椎椎間板ヘルニアに限ってのことではなく、あらゆる病気にかかりにくくなり、いつまでも若々しくいられるようになるのです。

最後は適度な運動です。運動不足や加齢によって筋肉はどんどん衰えていきます。上半身の重さを支えられるようになると腰痛にもなりにくくなります。腰回りの筋肉を強化するには腰部分の筋トレを行うのが一番効率は良いのですが、慣れない人は継続しにくいというデメリットがあります。そんな場合はウォーキングを。

背筋を伸ばしてしっかりと歩くと腹筋や背筋、身体全体の筋力が使われます。水泳も良いでしょう。浮力によって腰への負担がかかりにくいことと、高い運動効果によって体力も付きます。

 

いかがでしたか?腰椎椎間板ヘルニアは決して珍しい疾患ではありません。誰もがなる病気だからこそ、日々の予防がとても大切。あなたも今日から腰のために出来ることを始めてみませんか。

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ