トップページ > 最近の記事 > 骨盤の歪みと頭痛の関係は何なのか

骨盤の歪みと頭痛の関係は何なのか

骨盤が歪んでしまうと、さまざまな部位で不調をもたらすというのは、多くの人が知っていることです。
しかし、骨盤の歪みが原因で頭痛が起きやすくなるケースがあることをご存知でしょうか。
骨盤は腰のあたりなので、お腹や背中、腰に影響があるのは分かりますが、なぜ頭痛になってしまうのでしょうか。

骨盤の歪みから背骨の歪みへ

多くの人が姿勢を意識する時には、まず背骨を気にするのではないでしょうか。
背骨が歪んでしまうと、前傾姿勢になったり、真っすぐな姿勢にできなくなるなど、影響が大きいです。
そして背骨を支えているのが、土台部分でもある骨盤です。骨盤の中央には、仙骨という三角形の骨があります。この仙骨と、背骨にある腰椎が関節をつくり、骨盤と背骨を繋げています。

背骨は、腰の部分から前方へかけて緩やかなカーブ状になっています。そして胸部の辺りでは後方へのカーブがついており、この両者のカーブによってバランスが保たれています。しかし、骨盤の部分が歪むことで、背骨に影響していきます。そしてバランスを保っていたカーブも変化し、やがて体全体の歪みへと発展していくのです。
骨盤の歪みの原因は、人それぞれ違いますが、脚の組み方が常に同じだったり、
座っている時、立っている時に、左右どちらかに体重をかけているとなりやすくなります。
日常生活の中の癖から、徐々に歪んでいくというわけですね。

背骨のカーブの歪みから頭痛へ

さて、背骨のカーブが歪むことで、どんな変化が訪れるのでしょうか。
もちろん、背骨のカーブが変化しただけで、必ず歪みに発展するわけではありません。ただ、長い期間放置してしまうと、変形してしまうことがあります。

骨盤の歪みによって、背骨を支える部分や関節の動きにかかわってくる筋肉が硬くなってしまいます。すると、頭を支えている首の筋肉や、肩甲骨周り、あるいは胸部にまで筋肉のこりを感じるようになります。こうした、こりが起きてしまうと、頭の位置が徐々に正常な位置からズレていき、やがて頭頚部の筋肉に過度な負荷がかかるようになります。その結果、後頭部や頭の周囲が、締め付けられるような痛みを感じるようになります。

つまり、骨盤が歪んでいくことで、やがて背骨のカーブが変形し、
肩周辺や首周りの筋肉が硬くなっていきます。
その結果、こりを感じるようになり、それが頭痛へと繋がっていくということです。

頭痛にも、神経性のものや熱などの症状からくるものもありますが、こりから生まれる頭痛というものもあります。
ですので、原因を突き止めて、早めに解消していかなければなりません。

骨盤の歪みは意識して治す

頭痛にならないためには、まず骨盤の歪みから解消していかなければなりません。
まずは、自分自身が歪んでいないかどうかチェックしましょう。

例えば、体の力を抜いた時に、どちらかに傾いていないかどうか、歩き姿や立ち姿を見て傾いていないかどうかで分かります。
もし歪みがあるようであれば、整骨院にいって歪みを矯正してもらいましょう。自宅でできる簡単な方法としては、ストレッチポールや、バランスボールを使ったトレーニングがおすすめです。お風呂に入った後、あるいは寝る前にやると効果的です。他にも、毎日数分のエクササイズをするだけで、骨盤から背骨まで矯正されていくものもありますので、無理なくできるものを試していきましょう。

骨盤の歪みの改善は、頭痛が起きにくくなる以外にも良いことがあります。
肩こりにもなりにくく、全身の血液の循環も良くなる
のです。体の軸になっている部分だからこそ、常に意識して正常な状態に戻していくことが大切なのです。

あなたが感じている頭痛は、骨盤の歪みによって引き起こされているものかもしれません。まずは、真っすぐに立ってみて、体の傾きがないかチェックしてみましょう。もし、少しでも違和感を感じた方は、徐々に改善することで、頭痛も自然に治まっていく可能性が高くなります。

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ