トップページ > 最近の記事 > かかとや足の裏が痛い!足トラブルの原因は骨盤の歪みにある!?

かかとや足の裏が痛い!足トラブルの原因は骨盤の歪みにある!?

足の不調はさまざまですが、歩くとかかとや足の裏が痛い、こんな経験はありませんか?当たり前のように歩いているからこそ、足の痛みは実感しやすいものです。このような症状がある時は歩くのも辛く、ヒールの高い靴も履けなくなったりと、日常生活や仕事に支障を与えてしまいます。痛みを緩和するために、対処してもなかなか改善されない・・・それは足そのものが原因ではなく、骨盤の歪みに原因がある可能性があります。

117823-223x400

かかとや足の裏が痛くなる原因

1_b考えられる原因は、足そのものではなく、離れた部位からの二次的な影響である場合があります。例えば、腰や骨盤に関わる筋肉の働きが低下し、結果的に姿勢の歪みを生じる場合です。体重のかかり方に左右差があったり、歩く際に足の一部分に過剰な負荷がかかったりといったことが起こりえます。腰痛を感じているうちに足の症状も出る人もいれば、腰痛はなく足の症状だけを感じる人もいます。

 

過去に足を怪我した場合

過去に足首を捻挫したけど、今は無症状という人の中に、足首の関節の動きが正常でなかったり、アキレス腱の硬さが強くなっていることがあります。この影響が直接的に足の症状へ結びつくことも考えられますが、それ以外にも腰や骨盤に歪みが生じ、そこから足の痛みへ・・・ということも考えられます。腰や骨盤の歪みを含め、姿勢のアンバランスと足の症状はとても関連が深いということになります。

 

こんな足の症状はありませんか?

・今まで履いていた靴に違和感や痛みを感じる

・立ち姿勢の時、片方の足が長いように感じる

・歩行時、かかとが痛むyjimage4S63492Z

・靴を履くと、足の指が当たり、痛みや腫れがある

・むくみやすくなり、靴がきつく感じる

・足の裏や指などの皮膚が硬く分厚くなる

・土踏まずのアーチが減少

・外反母趾の様に指が変形している

・足や指先に冷感やしびれを感じる

 

足の痛みを予防・対策しよう

腰や骨盤の歪みや姿勢のアンバランスが影響する足の症状は、普段からの心がけで、足への影響を少なくすることができます。腰や骨盤の歪みは、必ずしも腰痛などの症状を伴わない為、無症状でも気を付けなくてはなりません。すでに足に痛みなど症状がある場合は、足への処置もしながら、腰や骨盤の歪みや姿勢のアンバランスを改善させるように勧めていくと良いでしょう。

 

◆腰・骨盤体操をまめに行おう

いつのまにか腰へ負担がかかっていることが多いため、日頃から筋肉をほぐし、腰・骨盤の歪みを予防しましょう。yjimage2KG54O8V

1.腰回し体操

気付かないうちに疲労しがちなお尻の筋肉をほぐしながら、腰を支える筋肉の緊張をほぐし、骨盤を調整していきます。

2.腰痛解消ストレッチ

姿勢維持にも重要な腰・骨盤の調整を行います。少しでも動かしていくうちに、自然と腰の緊張も緩和していきます。

 

◆足以外の症状を放置しない

yjimage51HMGOLC膝が痛い、股関節の動きが硬いなど、足以外の症状が表れた場合、それらも足への負担を増加される要因にもなりかねないため、放置せず医療機関または施術院などに相談するといいでしょう。

 ◆姿勢に注意する

猫背姿勢の人は、背中の筋肉が過剰に緊張しています。仕事の合間などにストレッチをして、背中をぐ~っと伸ばしましょう。

 ◆ふくらはぎをほぐす

姿勢が悪くなり重心の位置がずれてくると、ふくらはぎがパンパンに張ってきます。自覚症状がなくても、ふくらはぎを指で軽く圧したり、軽く擦るなどして、ふくらはぎを柔らかくしておきましょう。

 line_whiteday_heart2

いかがでしたか?

身体は全部繋がっています。

かかとや足の裏が痛いからといって、そこだけにとらわれないようにしましょう。

もちろん足自体に原因がある場合もあります。

自身で判断が出来ない場合は、医療機関あるいは施術院で相談してみてくださいね!

中野新橋 やよい堂整骨院にお電話ください

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ