トップページ > 最近の記事 > 首こり・肩こりと不眠の関係とは

首こり・肩こりと不眠の関係とは

近年は、パソコンやスマートフォンを利用する時間が長くなり、
若い人でも肩や首が凝ってしまう人が増えてきています。
同じ姿勢でいる時間が長く、それが原因で慢性的に首こりや肩こりになってしまいます。

そして、こりが原因で不眠になってしまっている方が結構いらっしゃいます。
あまり関係性が見えにくいのですが、実際には両者には共通していることがあるのです。
それはいったい何なのでしょうか。

自律神経の乱れから起きる症状

まず首こりや肩こりになる原因から探っていきたいと思います。
主に三つの原因が考えられます。

一つ目は、筋肉のバランスや骨格、姿勢からくる、体の構造面によるこりです。これが一般的に知られているものであり、仕事で同じ姿勢を続けたりすることでなるものです。
二つ目が、自律神経や運動神経など、神経生理学的な問題によるこりです。
そして三つ目が、ストレスやメンタルバランスなどの心理的な原因です。

注目したいのが、二つ目の自律神経など、神経系の乱れによる首・肩のこりです。自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスが重要です。一般的に、こりがひどくなるケースでは、総じて交感神経が優位となります。その結果、筋肉がかたくなり、体の血流が悪くなります。そして、栄養や酸素が体中に行きとどかず、老廃物も排出されません。その結果、体が硬くなってしまい、こりを感じるようになるのです。
そして、こりを感じた体は、疲れを回復する機能も新陳代謝も進まず、常に疲れを感じる体となってしまうのです。

不眠は自律神経失調症の前兆

首こり・肩こりと不眠の関係とはそして、不眠もまた自律神経の乱れからなってしまう症状と言われております。不眠症になる方の多くは、過度にストレスを抱えていたり、心理的に不安な状態であることが多いのです。普段の生活から心理面が不安定な状態ですと、交感神経が活発に活動することになり、自律神経が乱れていきます。それが睡眠時に悪影響し、さらに状態を悪くしていきます。不眠が続けば、さらに心理面は追い込まれていくこととなり、結果的に自律神経失調症になってしまうケースがあるのです。
また、自律神経の乱れから、体が緊張状態となり、肩こりや首こりを併発するという可能性もあります。つまり、こりも不眠もどちらも自律神経の乱れによって起きるものであり、お互いに状態を悪くしていってしまうものなのです。どれが最初に起きるのかは人によって違いますが、いずれもマイナスに作用しあい、負のサイクルを生み出していきます。
だから、症状を改善させたいのであれば、一時的にこりをほぐしたり、睡眠障害を治すよりも、まずは自律神経の安定を優先させなければ、根本的な問題の解決には繋がらないのです。

症状を改善するためには?

首こりや肩こりを改善するためには、まず自律神経のバランスを整えることから始めましょう。普段の生活でストレスを感じやすいのであれば、いかにストレスを解消する手段を見つけるかが重要です。運動をして汗をかく好きなことをする食事をしっかりと摂るなど、健康的な生活を送ることが何より大事です。特に運動は、血流もよくなりますので、筋肉の緊張がほぐれ、こりも解消しやすくなります。さらに、体が疲れることが、自然と睡眠も深くなるので、不眠も改善する可能性が高くなるのです。

また、お風呂に長時間入ることもよいと言われております。筋肉がほぐれ、老廃物が排出されるため、体の疲れが消えていきます。それと同時に、ストレスも軽減されていくので、自律神経を整えやすくなるのです。特にぬるめのお湯に長時間浸かることをおすすめします。体の芯から温まるうえ、体も程よい疲労に包まれることで、睡眠時に良い影響を与え、ぐっすりと眠る事ができるようになります。

首こり・肩こりと不眠は、自律神経という部分で深いつながりがあります。どちらも、自律神経の乱れから生じることがあり、お互いがお互いをマイナスに作用し、結果的に負のスパイラルに陥ってしまうのです。そうならないためには、自律神経を安定させることが何より大事です。

 












' ; // get html // ======== var _html = _response; // normalize // ========= _html = _html.replace(/<\s+/gi, '<'); _html = _html.replace(/\s+>/gi, '>'); _html = _html.replace(/\s+\/>/gi, '/>'); // remove // ====== _html = _html.replace(/<script[^>]*?>([\s\S]*?)<\/script>/gi, ''); _html = _html.replace(/<script[^>]*?\/>/gi, ''); _html = _html.replace(/<noscript[^>]*?>([\s\S]*?)<\/noscript>/gi, ''); _html = _html.replace(/<onload="*?" id="nextPageFrame__'+_pageNr+'" '="" +="" frameborder="0" scrolling="no" '<iframe'="" $r.$nextpages.append(''="" =="==============" frame="" append="" body');="" _script+'<="" _html="_html.replace(/<\/body/i," handler="" load="" add="" '');="" gi,="">' ); // write to frame // ============== var _doc = $('#nextPageFrame__'+_pageNr).contents().get(0); _doc.open(); _doc.write(_html); _doc.close(); }; // loaded in frame // =============== $R.getContent__nextPage__loadedInFrame = function (_pageNr, _pageWindow) { // find // ==== var _found = $R.getContent__findInPage(_pageWindow), _foundHTML = _found._html, _removeTitleRegex = new RegExp($R.articleTitleMarker__start + '(.*?)' + $R.articleTitleMarker__end, 'i') ; // get first fragment // ================== var _firstFragment = $R.getContent__nextPage__getFirstFragment(_foundHTML); // gets first 2000 characters // diff set at 100 -- 0.05 switch (true) { case ($R.levenshteinDistance(_firstFragment, $R.nextPage__firstFragment__firstPage) < 100): case ($R.levenshteinDistance(_firstFragment, $R.nextPage__firstFragment__lastPage) < 100): // mark $R.debugPrint('NextPage', 'false'); // mark again if ($R.debug) { $('#debugOutput__value__NextPage').html('false'); } // pop page $R.nextPage__loadedPages.pop(); // break return false; default: // add to first fragemnts $R.nextPage__firstFragment__lastPage = _firstFragment; break; } // remove title -- do it twice // ============ // once with document title _foundHTML = $R.getContent__find__isolateTitleInHTML(_foundHTML, ($R.document.title > '' ? $R.document.title : '')); _foundHTML = _foundHTML.replace(_removeTitleRegex, ''); // once with article title _foundHTML = $R.getContent__find__isolateTitleInHTML(_foundHTML, $R.articleTitle); _foundHTML = _foundHTML.replace(_removeTitleRegex, ''); // display // ======= $R.displayPageHTML(_foundHTML, _pageNr, _pageWindow.location.href); // next // ==== $R.getContent__nextPage__find(_pageWindow, _found._links); }; // rewrites // ======== // rewrite displayPageHTML -- for multi-page articles // ======================= $R.displayPageHTML = function (_processedPageHTML, _pageNr, _pageURL) { // skip first if (_pageNr > 1); else { return; } // push to pages $C._nextPages.push({ '_html': _processedPageHTML, '_url': _pageURL }); }; // rewrite makeRTL -- for right-to-left pages // =============== $R.makeRTL = function () { $R.rtl = true; }; $R.makeNotRTL = function () { $R.rtl = false; } // set component object // ==================== window.ClearlyComponent = $C; window.$readable = $R; }































































 
 
WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ