トップページ > 最近の記事 > 実は血流が鍵! 生理痛と慢性腰痛の原因とは?

実は血流が鍵! 生理痛と慢性腰痛の原因とは?

生理が来ると、決まって腰が痛くなる、あるいはいつも腰の痛みを感じている……。
こんな悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか?やっかいな「腰痛」を引き起こす原因はさまざまありますが、実は鍵となるのは血流なのです。ここでは「血流」という視点から女性の慢性腰痛と生理痛について説明します。

慢性腰痛と血流は?

「腰痛」は日常生活でよく使う言葉ですが、これは病気ではなく症状のことを指します。腰椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などによるものを特異的腰痛と呼びますが、これに当てはまるのは全体の15%程度で、残りの約85%は原因を特定しきれない非特異的腰痛にあたります。慢性的な腰痛は医学的には非特異的腰痛に分類されます。

朝から腰が重くて動くのがおっくう……なんてことはありませんか?
ぶつけたなどの原因がないのに、腰の痛みが続くとしたらそれは慢性腰痛かもしれません。

慢性腰痛は血流が悪いことと深く関係があると言われています。運動不足や冷え、ストレス、ずっと同じ姿勢を続けていることなどが原因で腰回りの筋肉がこわばると、毛細血管が圧迫されて血液の巡りが悪くなり、これが腰痛につながってしまうのです。

ではなぜ、血行が悪くなると痛みを発生するのでしょうか?それは血液が担う2つの大きな役割に要因があります。
血液には体中に新鮮な酸素や栄養分を運ぶ役割と同時に、体中の老廃物や疲労物質を回収するという大事な役割を担っているのです。

血がうまく流れなくなると、この2つの働きもスムーズにいかなくなり、腰のあたりに老廃物がたまってしまい、結果的に腰痛の原因になるのです。

 

どうして生理の時に腰が痛くなるの?

では生理のたびに苦しめられる腰痛にはどんな理由があるのでしょうか?

子宮を収縮させる働きを持つ「プロスタグランジン」は、生理になると分泌量が増えます。これは、子宮をぎゅっと収縮させることで、子宮内の経血を体の外に押し出そうとするからです。生理中に経血がうまく流れないと、子宮をさらに収縮させようとして「プロスタグランジン」の分泌量も増えます。

実は「プロスタグランジン」は、子宮の周りの筋肉も収縮させる働きがあるので、腰回りのも血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると、腰のあたりに老廃物や疲労物質がたまってしまうので、生理中に腰痛を引き起こすのです。

このほか、「リラキシン」という女性ホルモンも生理中の腰痛の原因になると言われています。骨盤を開く働きのある「リラキシン」は妊娠時に特に多く分泌されますが、生理前から生理中にかけても分泌されます。骨盤を開くことで経血をスムーズに排出させようとするのです。

「リラキシン」の働きで骨盤内の関節が緩むと、骨盤全体が不安定になり回りの筋肉にかかる負担が大きくなってしまいます。結果として、腰回りの筋肉か固くなって腰痛を引き起こしてしまうのです。

 

血流をよくするには?

慢性腰痛、腰にくる生理痛、そのいずれも鍵となるのは血流です。血流をよくすることで、痛みの軽減や改善が期待できます。

血流をよくするためには、まずは体を温めなければなりません。冷えは大敵です。夏であってもオフィスが冷房のせいで冷えることがありますから、薄着は避けてひざ掛けや肩掛けを常備するようにしましょう。食生活にも気をつけ、ショウガなどの体を温めるものを積極的にとるほか、特に生理中は体を冷やすような冷たい飲み物、食べ物は避けるように心がけましょう。

入浴もとても大事です。忙しくてついついシャワーですませがちという女性も、バスタブにゆったりつかる時間を大切にしましょう。バスタイムを単に汚れを落とす時間ではなく、お気に入りの入浴剤などやアロマなどを使ってリラックスタイムにするのもいいですね。

女性特有の生理痛や腰痛の予防や改善のためには、血流をよくすることがとても大事になります。血流をよくすることで、冷えはもちろん体全体の健康にもつながっていきます。慢性腰痛や生理の時の腰痛で悩んでいる方は、普段から血流を意識した生活を送ってみてください。

 

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ