トップページ > 最近の記事 > メンタルやストレスからくる腰痛

メンタルやストレスからくる腰痛

腰が痛いというと、外部的な要因が強いと思われがちですが、メンタル的な要因で発症することがあります。しかもメンタル的な要因による腰痛は、痛みが長引く傾向にあります。これまでまったく痛みが無かった人が、ある精神的なストレスによって発症することもあります。メンタルからくる痛みの場合、電気治療やマッサージを受けても一時的なもので、しばらく持続してもすぐに効果が無くなってしまう事が多いです。ではどのように対処したらいいのでしょうか?

腰が痛い

なぜストレスが溜まると腰痛になるの?

仕事や人間関係がうまくいかなかったり、物事がうまくいかなかったりして、イライラしたりストレスがたまることはよくあります。このストレスが原因で、自律神経に乱れが生じてくることから、慢性的な腰痛が引き起こされると言われています。自律神経は、ストレスの影響をとても受けやすいのが特徴で、自律神経が乱れると筋肉が緊張したり、血液循環が悪くなったりして、慢性的な腰痛を引き起こすのです。腰痛のほかにも肩こり・慢性的な下痢や便秘・不眠症などもストレスが原因であることも考えられます。このように心と体は密接に結びついているのです。

  9b933adf5ba2077952f75c200c60a5a6

うつ病からくる腰痛

うつ病の状態は、脳内の神経伝達物質の機能的欠乏と言われています。「痛み」というものも、脳で判断される感覚なので、神経伝達物質の異常と深くかかわっていると思われます。そういった理由からうつ病の場合、ちょっとした痛みでも、その痛みに激しく反応してしまうのです。

思い込みでも腰痛になる?

ちょっとした筋肉の張りでも、それを腰の痛みと思いこむと、本当に慢性な症状が発症するケースもあります。思い込によって、筋肉が硬化して血行が悪くなり、痛みが走ることもあるのです。

 

自律神経のバランスを整えるためには

自律神経は交感神経副交感神経の2つの神経のバランスが取れていると健康な状態です。ストレスが原因で、自律神経が乱れてしまうと、慢性的な腰痛が発症してしまいます。では自律神経が乱れないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

◆適度な運動を習慣づけるfree-illust45

軽い体操などをすることで、緊張状態が解かれ、全身の血液循環を良くします。また運動をすることで不安を軽減させる効果があることや、日常的に運動している人としていない人と比べた場合、運動をしている人の方がストレスによる悪影響を受けにくいと言われています。

◆生活のリズムを整える

人間の身体は、日中は身体を動かし、夜は身体を休めるように体内時計はセットされています。この体内時計が乱れると悪循環に陥ってしまいます。起床時間・就寝時間・食事の時間などを毎日同じリズムにすることで、体内時計の乱れを防ぐことができます。

 2a9c5cc244c7fda9deb4411be7efa4d4

メンタルからくる腰痛解消法

 *腹式呼吸*

1.仰向けに寝てリラックスした姿勢で、鼻から大きく息を吸いこむ。お腹を膨らますイメージで。aomuke01

2.あごを軽く引いたまま、口からゆっくり息を吐き出す。息を吸う時間の約3倍かけて吐き切る。

※腹式呼吸はリラックス効果もあり、多少の歪みであれば、姿勢の矯正にも繋がってきます。

 *趣味に没頭する*

ストレスからくる症状なら、ストレスをなんとかすれば治ると思いますが、簡単になくなるものではありません。そこで趣味に没頭して、楽しい時間を持つことをおすすめします。趣味に没頭している間は、痛みを気にすることが徐々になくなり、最終的には完治してしまうこともあるのです。ストレスというのは、どれだけ体に悪影響を与え、そしてストレス解消の重要性が改めて実感できると思います。

 otona0

腰痛は、仕事や人間関係などのストレスが影響していることがお分かりいただけましたか?

原因不明な腰痛になったら、メンタル面で何かあったかチェックすることが必要です。

中野新橋 やよい堂整骨院にお電話ください

 

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ