トップページ > 最近の記事 > 残暑を乗り切るための食事の摂り方とは

残暑を乗り切るための食事の摂り方とは

9月に入っても、全国的にまだまだ暑い日が続いております。特に近年は、温暖化の影響もあってか暑い日が多く、残暑といえども夏の疲れが残っている方も多いのではないでしょうか。
夏から秋に向けて、体をリフレッシュしたいところですが、何となく気分がさえない方。それは、食事の取り方次第で解決できる可能性があります。

食べても疲れが取れないのはビタミンB1不足

毎日しっかりと食事をし、栄養にも気を使っている、にも関わらず疲れが取れないのは、ビタミンB1が不足しているからかもしれません。

ビタミンB1は、体の代謝のために必要な栄養素です。それが不足してしまうと、糖質がエネルギーに上手く変換されません。いくら食べてもその栄養素が体内で代謝されないので、疲れが取れない体になってしまいます。
暑い日は、食欲も失せてしまい、ついつい簡単なものばかり食べてしまいます。ざるそばやうどん、素麺などを食べることも多くなってしまいます。しかし、それらにはビタミンB1は入っていません。手軽に食べられるものほど、栄養素は不足しているので、毎日の食事はどんな時でも気を配る必要があります。

ビタミンB1を含む食材は、豚肉、鰻、大豆、玄米などが一般的です。また、ニンニクの香りのもとでもあるアリシンには、ビタミンB1の吸収を促進する効果があります。豚肉とニンニクを炒めたものを丼の上に載せて食す「スタミナ丼」というものがありますが、あれは、まさに夏バテ対策には非常に有効なのです。そして土用の丑の日に食べる鰻もまた、ビタミンB1が豊富に含まれていることから、夏バテ対策に食べるものとして有名です。
スタミナ丼や鰻は、気力を上げたい時に何となく食べている人もいるかもしれませんが、栄養の面から見ても非常に理にかなった食べ物なのです。

香辛料を使った料理

夏は、冷たい食事や、飲み物、アイスやかき氷など、ついつい冷たいものばかりを食べてしまいます。しかし、冷たいものばかり食べると、内臓機能が低下してしまい、体調が優れなくなってしまいます。そんな時には、香辛料を使った料理を食べるようにしましょう。暑い時に熱い料理を食べるのはなかなかしんどいと思います。でもピリッとスパイスの効いた料理であれば、食べられるという人も多いのではないでしょうか。

香辛料には、食欲を増進する効果があるため、食欲不振が解消されます。また、唐辛子に含まれているカプサイシンには、血液の循環を良くする働きもあります。
カレーや東南アジア系の料理などは、香辛料がたくさん使われておりますので、お薦めです。食べていると鼻の頭からじわじわと汗がにじみ出るような、少し刺激の強い食事を適度に摂ってみましょう。

水と一緒に適度な塩分を

残暑が残る季節でも、知らず知らずのうちに汗をたくさんかいてます。汗をかくと、体内の水分は放出され、ビタミンやミネラルが失われていきます。水をたくさん飲むことを意識されている方もいると思いますが、それだけでは不十分です。水分と一緒に適度な塩分を摂りましょう。

塩分には、ナトリウムとカリウムが含まれており、それが不足してしまうと、神経伝達機能が下がり、疲れやすくなってしまいます。それが夏の疲れがなかなか取れない原因になっているかもしれません。

簡単に水分と塩分を摂る方法としてお薦めなのが、スポーツドリンクです。スポーツドリンクを飲むだけで、失われた体内のビタミンやミネラルを補うことができます。
水分が不足すると、夏バテだけではなく、熱中症にもなってしまいます。毎年高齢者が熱中症で亡くなってしまうニュースを目にします。残暑の時期であっても、水分と塩分の摂取は意識しましょう。

秋は、涼しくて快適なので、スポーツや読書など、何をするにも最適な季節です。しかし、残暑の体の疲れを残して突入すると、せっかくの秋に何もやる気がおきずに無駄に過ごしてしまうかもしれません。
そうならないよう、食事の摂り方に気をつけて、暑さを乗り切りましょう。

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ