トップページ > 腰痛だけでなく足のしびれ出ていませんか?

腰痛だけでなく足のしびれ出ていませんか?

腰痛に悩んでいる人が、のちに足がしびれるというケースがあります。

 特に足のしびれの中でも、お尻(臀部)からつま先までの広い範囲で

しびれが起こることが多々あります。

この場合は、はっきりした病名が付くことが多いので、

まず整形外科に行ってください。

辛い腰痛にくわえ、しびれまで症状が出てくると不安になりますし、

ほっておいてもよくならないケースが多いです。

今回は、足のしびれを伴う腰痛をいくつか紹介します。

 腰痛 女性

 

【腰椎椎間板ヘルニアとは?】

まず1番多いのは椎間板ヘルニアです。

椎間板とはゴムのように伸縮性があり、背骨と背骨を繋げている部分です。背骨の自由な動きを助ける働きがあります。この椎間板が外側に押し出され、神経を圧迫することで腰痛や足のしびれという症状を起こします。

主な症状としては腰痛から始まって、だんだんと片側の足に痛みやしびれが広がっていきます。重いものを持ったり、過度な力を入れることで、太ももから足にかけて、電気が流れるようにしびれて、痛みを感じることが特徴です。

重症化してしまうと神経がつながっている筋肉に麻痺などが起こり痛みを感じなくなると共に筋肉の機能が低下していきます。

 あまりにひどい場合は手術が適用になりますが、手術後の経過をみるとほとんど場合は、手術の必要がなかったというものもあるので、

手術によって症状が改善する、というケースは意外と低いのも特徴です。 

 img_hernia01

【脊柱菅狭窄症とは?】

背骨の真ん中の隙間に、背骨の神経が通っていますが、何らかの原因でその隙間がどんどん狭くなり神経を圧迫します。

こうして足のしびれも出てくるようになるのですが、常にしびれや痛みの症状が出ているわけではなく、歩き続けているうちにだんだんと症状が現れます。

座っている状態や歩き始めでは症状はほとんどなく、適度に休息を挟むと症状が回復します。

ですが症状が進んで重症化していくと立っているだけでも痛んだり、足の筋肉が伸縮して、歩ける距離が短くなっていくなど歩行障害をきたす恐れがあります。

背中を反る体勢が脊柱管を狭くするので、すでに痛みやしびれの症状が起こっている場合はなるべく前かがみでいる事で症状を緩和することが出来ます。

 koshi_magari_ojiisan

腰椎すべり症とは?】

これは背骨が部分的にややずれてしまうものです。骨の一部がずれてしまうため、やはり背骨内部の神経を圧迫して腰痛や、足のしびれが起きてきます。

いずれの症状も高齢になると起きやすくなるため、高齢者の場合「坐骨神経痛」とひとくくりにされることもあります。

 

 

【しびれのある腰痛の対処法】

では、すでに腰の痛みとしびれが起こってしまった場合はどのように対処したらいいのでしょうか?

 

1.まずは安静にすること

多くの場合は神経が圧迫されて症状が起こっているため、痛みやしびれを我慢して過度な運動を続けてはいけません。

更に圧迫を続ければ症状が和らぐどころか、悪化を促す原因となります。

寝ている人

 

2.ストレッチや腰椎周りの筋力トレーニングをする

ただし、痛みが引いていたり、和らいでいる場合に行ってください。痛みやしびれが起こる前に、適度に行う事が予防につながります。

※やり方を間違えると逆に腰を傷めますので、運動をする場合は、主治医とよく相談してから行ってください。

walking_group

3.食生活の見直し

食生活は腰痛と密接な関係があるのでとても重要です。

中でも神経を保護するための複合炭水化物、骨の健康に役立つカルシウムとビタミンDは積極的に摂取しましょう。

 syokuji_woman

 

【腰痛を根本的に改善するには?】 

腰痛一般に「治す」というより、どういう治療がストレスなく生活できるか、ということを1番に考えた方が良いでしょう。job_doctor

痛み止めや筋肉弛緩剤、血流を良くして痛みを取る薬などを使用して、痛みそのものを取り除く、弱くすることも1つの方法です。

ただあまりにも薬に頼った生活をしていると、より痛みを発生させるという悪循環に陥りやすくなってしまいます。

 人間には本来自分の健康を維持する機能と、自分で症状を改善する機能が備わっています。

本当に大事なのは血液・体液の流れを滞る事なく循環させ、体のバランスを取り戻す事がとても重要です。

 いずれにしても自己判断は非常に危険です。放置するとその後重大な症状が起こる場合もあります。

出来るだけ早めに専門医の診断を受け、的確な治療や予防を行うこと大切です。 

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ