トップページ > 緊張性頭痛で頭皮まで痛く辛い!!

緊張性頭痛で頭皮まで痛く辛い!!

緊張性頭痛で頭皮まで痛く辛い!!

今回ご紹介するのは「緊張性頭痛」「肩こり」に悩まされていた患者さん。

・頭皮を突き刺すようなズキズキした痛み

・頭を動かすのが辛い

・頭痛で眠れない

・仕事に集中出来ない

このような症状でお困りでした。

 肩こり 女性

 

頭痛と肩こりのダブルパンチに悩まされていた患者さんの喜びの声をお聞きください!

患者さんのお喜びの声

有馬感想縮小

 

 

結論から言いますと、肩こりなどが原因で起こる「緊張性頭痛」による頭痛(頭皮を突き刺すようなズキズキっとした痛みや頭皮全体がチクチクした痛み)の軽減は「鍼治療」が効果てき面です。

 

もちろん、個人差があるとは思いますが、わたくしの場合、痛みは10分の1くらいになったと思います。

 

今回の痛みが出た時、最初「神経内科」に足をはこびました。その時の診断結果が「緊張性頭痛」であり、その時に行った「MRI」の結果から、脳内に異常がないことがわかっていました。そのうえで、こちら医院にかかったので、より治すべき目標(肩のこりを取り除く)が、はっきりしていましたし、院長さんの「痛みを半減出来る!!」との断言のおかげで安心して施術を受けれました。

 

施術の結果は前述のとおり、痛みは10分の1くらいになり、学生時代にやっていた運動の疲労回復の為の「鍼治療」は効果的ということは、体験していたのですが、ここまでの即効性に驚いております。

 

ひとえに適切に治療してくださった院長さんのおかげかと思います。心から感謝申し上げます。

今後は、原因となっている姿勢などの矯正の為にも通院したいと思います。

 

 

頭痛 女性 

 

 頭痛・肩こりの両症状に悩まされていましたが、1回の施術で痛みが10分の1になりました。

病院でMRIの検査までして薬を飲むなどの対処はしていましたが、改善はなく当院に来られました。

薬で治らなくても、MRIで脳自体に異常がない時はあきらめる必要はありません!

この患者さんは当院の患者さんの声をインターネットで見て頂いて来院されました!

あなたに勇気を与える「生の声」がたくさんあります!どうぞご覧ください!!

 >>>患者さんの声はコチラ

 >>>第2の患者さんの声はコチラ

 

 

緊張性頭痛の回避の3つのキーワード

ポイントは、いかに肩こり状態を持続させないか、悪化させないか、ということです。多くのケースでは本人の意思とは関係なく肩こりの慢性化がみられます。

首・肩周りの筋肉が硬くなっていることにも気づかない人もいるくらいなので次の3つのキワードを意識してみましょう!!

 

キーワード1.  心をほぐす

心の緊張により首・肩周りの筋肉が硬くなってしまうと、緊張性頭痛を起こしやすくなります「こんなこと、こんなことぐらいへっちゃらさ!」と思うことが大事です。

 

精神的な緊張が続いたり、嫌な出来事があったときは、頭の中に楽しい思い出を巡らせてみよう!

最高に楽しかった思い出や満足のいく理想的な状態なども思い浮かべましょう!!

そして、数分でも体の無駄な力が抜ける状態をつくっていきます。

 

 キーワード2.  体をほぐす

心の次は筋肉の負担を軽減させて、首・肩周りの筋肉のコリをやわらげましょう!

日常生活ではどしても前傾姿勢になる機会も多く、頭部や腕を支える筋肉に無理をかけることが続きがちです。

 

そこで、持続される頸部への負担を和らげるストレッチや体操を気づいた時にやりましょう!

筋肉への刺激は筋肉への持続的な負担を軽くします! 

>>>【肩こりに良い体操はコチラ】 

 キーワード3.   ほぐれた状態をキープする

心も体もリラックスできたら、さらに良い状態へもっていき、それをキープ出来ると肩こりが悪化して頭痛を起こす悪循環から改善されます。

 

・寝る前に首から肩にかけて筋肉を温めて血流回復とリラックスを図りましょう

 ①濡らしてしぼったタオルを電子レンジで加熱し(温度の加減をしましょう)、そのタオルを首・肩にかけます

 ②そのタオルにドライヤーの温風をあてながら10分ほど温めましょう

 

中野新橋 やよい堂整骨院にお電話ください

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ