トップページ > 最近の記事 > 肩こりの原因は筋肉だけではない!ビタミンEが関与!?

肩こりの原因は筋肉だけではない!ビタミンEが関与!?

現代人にとって肩こりは特定の人だけの悩みではありません。国民の大半が抱えている症状となります。働き方が変わり、多くの人がパソコンを使うことが多くなりました。そしてプライベートではスマホを操作する時間も長くなり、肩こりになりやすい環境になっているからです。
肩こりの原因として、筋肉の疲労があげられます。ただ、肩こりがずっと続いている人には、さらに別の問題もあるようです。それはビタミンEが関与しているというのですが、これはどういうことなのでしょうか。

肩こりの原因は、人それぞれ様々ですが、ここでは代表的なものを紹介します。まずは筋肉の疲れ

す。普段から肩は、頭や両上肢を支えているため、負荷がかかっています。頭だけでも6キロ(体重の10分の一の重さ)、両上肢を加えると10キロを超える重さとも言われています。だから普通に生活しているだけで肩の筋肉は疲れているのです。

寒さもまた原因の一つです。実は肩こりは冬に多くなりやすいと言われています。これは、運動不足や縮こまる姿勢を取ることで筋肉が硬くなりやすいからです。血液の流れが悪くなり、肩こりを発症させやすくなるのです。

さらに、目の疲れや悪い姿勢といった、要素も原因となります。冒頭でも紹介したように、パソコンを使ってデスクワークをする人は、目が疲れたり、姿勢も同じままずっと悪い姿勢を取っていることがあります。それによって肩こりが生じやすくなっています。

これらの原因により特に負担がかかっているのは、僧帽筋(そうぼうきん)と呼ばれる筋肉です。首から背中の大半を占めている筋肉であり、肩口まで繋がっています。この部分が緊張状態になると疲れやすくなり、肩こりになってしまうのです。

 

ビタミンEはどのように関与しているのか

では、肩こりにはビタミンEはどのように関与しているのでしょうか。ビタミンEには、血液の成分となっている赤血球、または血管を柔らかく保ってくれる働きがあります。血液の循環がよくなり、血行が改善されるのは、実はビタミンEが大きく関与していたのです。

血行が良くなることで体にとって良いことがたくさんあります。血液には、老廃物や乳酸を運び出したり、逆に酸素や栄養素を届けてくれるといった役割があります。血液の流れが良くなれば、老廃物は排出され、体にとって必要な栄養素や酸素は体内に取り込まれやすくなるのです。

そうなると、筋肉にも栄養が届き、さらに筋肉の疲労も排出されていくため、徐々にコリが和らいできます。肩こりに悩まされている人は、マッサージやストレッチなど、つい体の外側から治そうとします。しかし、実は体内の環境を整えることでも、肩こりの改善は可能なのです。実際に肩こりに悩まされている人がビタミンEを摂ることで、症状が改善されたという事例もあります。

ビタミンEを摂るためには?

肩こりの改善にはビタミンEが欠かせないことが分かりました。では、それを摂るためにはどうすればいいのでしょうか。簡単なのは、食事から摂取する方法です。

ビタミンEが多く含まれているものの代表として、お茶が挙げられます。お茶というとポリフェノールというイメージが強いですが、実はビタミンEも豊富だったのです。

また魚介類にも多く含まれています。特に魚介類の卵はビタミンEが豊富です。いくらやすじこ、キャビア、たらこなどがそうです。どれも高価な食品なのでなかなか日常的に食べるのは難しいかもしれませんが、覚えておくといいでしょう。

食品から摂ることが難しい場合、サプリメントもお薦めです。肩こりや眼精疲労に効果のあるサプリメントには、ビタミンEが多く含まれていることが多いです。成分表をしっかりと確認し、自分の症状にあったサプリメントが見つけるといいですね。

肩こりは筋肉の疲労だけで続くものではありません。慢性的な症状となっているのは、実はビタミンEが不足している可能性があります。僧帽筋の疲れを取ることと合わせて、体内環境の改善も初めてみてはいかがでしょうか。

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ