トップページ > 最近の記事 > 毎朝起きると腰が痛い方へ伝えたい原因と対策とは

毎朝起きると腰が痛い方へ伝えたい原因と対策とは

誰でも、毎朝すっきりと目覚めたいと思います。でも、前日の疲れやお酒が残っていたりすると目覚めは悪くなります。
中でも辛いのが、腰痛によって目覚めることです。朝、腰が痛くてベットから起き上がられないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。なぜ、毎朝起きると腰が痛いのか、その原因と対策について見ていきたいと思います。

寝方や姿勢が影響している

朝方に腰が痛いと感じる原因の一つに、寝相に問題があるということが考えられます。
例えば、うつぶせで寝てしまう癖がある人は要注意です。

うつぶせは、腰に反り返る力が加わるため、腰痛の原因となると言われております。痛みが激しい時には、横向きになり、膝を抱えて寝るのが良いと言われております。このように、寝方によっては腰への負担が少ない姿勢があります。
逆に、腰への負荷がかかりやすい姿勢だったり、腰に不自然に力が加わるような寝方は、痛めてしまう原因になってしまいます。

また、寝ている最中だけではなく、寝る前や前日の行動が原因となることもあります。
例えば、長時間腰をかがめて作業をしたり、重いものをたくさん持ったりすると、気付かないうちに腰へダメージを与えていることがあります。それが寝ている間に痛みへと変わり、腰痛で起きてしまうというケースがあります。
腰は、体の中心部分なので、どうしても負荷がかかりやすい場所です。長時間にわたって腰に良くない姿勢を取り続けてしまうと、翌日の朝に影響してしまうということがあります。それが毎朝起きた時に、腰が痛いと感じるようになるのです。

疲労の蓄積や、内臓の疾患も原因

他にも原因は考えられます。特に多いのが、腰に疲労が蓄積している場合です。

座り方に変な癖がついている人は要注意です。仕事中に、腰を深くかけて座っていたりすると、自分の知らない間に腰への負担が蓄積しております。それが疲労となり、頂点に達した時に痛みへと変わります。
ひどい人になると、ぎっくり腰椎間板ヘルニア、あるいは坐骨神経痛になってしまうこともあるのです。日常生活において、知らない間に腰に疲労を賭け続けていると、朝起きた時に腰痛を感じることがあるようです。
また、内臓に何かしらの疾患がある方も、朝起きた時に腰が痛いと感じることがあるようです。例えば、体の歪みによって内臓の位置が変わり、圧迫されたり引っ張られしたことで痛みが生じます。起きてしばらくすれば何ともなくなるのですが、これを腰の痛みと勘違いしてしまうケースもあります。
このように、腰に負担がかかっていたり、腰周辺の臓器に以上がある時に、毎朝起きた時に腰の痛みを感じるようになってしまいます。

腰に負担をかけない生活を

起きた時に腰の痛みが出ないようにするには、普段の生活で、腰への負担をかけない生活を送る事を心がけましょう。

簡単なものとしては朝洗面所で顔を洗う時に、30センチほどの足置き台を置いてみましょう。
前かがみになる際にその台に足を乗せれば、腰への負担が軽減します。他にも靴を履くときに、靴ベラを使えば、腰をかがめる必要がなくなります。こうした細かい部分で腰への負担を少しずつ軽減していけば、疲労も溜まりにくくなり、腰痛予防になります。
また、ストレッチを行ったり、整骨院で整体を行うのも有効です。
慢性的に腰が痛む方は、体が歪んでいる可能性があります。それを矯正することで、根本的に改善し、腰痛を発生しにくくすることができます。特に就寝前に、軽いストレッチを行ったり、お風呂に浸かることで、腰に溜まっている疲労物質を排出し、朝起きても腰の痛みを感じなくなります。細かなことからで良いので、少しでも腰への負担を減らす工夫をしてみることが大事です。

毎朝気持ちよく目覚めると、その日一日が頑張れそうな気がしますよね。でも、毎朝毎朝腰が痛いと、気持ちも沈んでいってしまいます。そうならないために、普段から腰の状態に気を配り、腰痛を抱えないように注意しましょう。
 

 

WEB割引特典WEB割引特典
やよい堂整骨院のご案内
住      所:
〒164-0013
東京都中野区弥生町2丁目19−8
アクセス:
地下鉄丸ノ内線中野新橋駅から徒歩約2分
受付時間:
平日8:30〜12:30・15:00〜20:00
土曜:8:30〜14:00
定  休  日:
 日曜・祝日
電話
メールでとお問い合わせ